*

ぎっくり背中の原因と治し方は?【予防はストレッチで!】

汗にお悩みのあなたに送ります!
汗をたくさんかいて服にシミができるなんて絶対イヤ!これで今すぐ対策! 顔汗訴求 
体験レビュー⇒顔の汗を抑える人気のクリーム【サラフェプラス】を試してみました!

ぎっくり背中の原因は疲労や背中の筋肉に関係しているといわれています。ぎっくり背中になった時の治し方と効果的な予防法をご紹介しております。

Fotolia_76674872_XS-min

ぎっくり背中の原因は重いものを持った時にくるようなぎっくり腰とは異なり、自分の知らない間にぎっくり背中になっていることがあります。予防や治し方を詳しくご紹介しています。毎日のストレッチは有効です。

スポンサーリンク

ぎっくり背中とは?

あまり聞きなれない病名だと思いますが、ぎっくり背中って聞いたことありますか?

多分ほとんどの人が初耳なのではないでしょうか。どうせぎっくり腰みたいなもだろ?と思いますよね?ですが、ぎっくり腰とは多少違います。

Fotolia_59243563_XS-min

ぎっくり腰は重い物を持った瞬間や屈んだ瞬間に腰に激痛が走るものです。

これに比べて、ぎっくり背中は、自分も知らない間にてなっているケースも珍しくないそうです。

Fotolia_76230384_XS-min

原因としては、背中のが筋肉に疲れがたまっている時や、背中の筋肉が少なくなっている時になりやすいと言われています。

Fotolia_39246842_XS-min

長い間背中の痛みに悩まされている人は、ぎっくり背中になっている可能性があるので、ちょっと背中が痛いだけだからと言わずに一度掛かりつけの病院で見てもらうといいかもしれません。

ぎっくり背中の原因は?

ぎっくり背中の原因は様々なものがありますが、ぎっくり腰と同じ様に、重い荷物を持った時や屈んだ時、スポーツをした時にもなりますが、日々の生活の何気ない動作でもぎっくり背中になる事があります。

Fotolia_40996780_XS-min

それがぎっくり背中の一番大きな特徴です。

例えば、肩より上の、高い所の荷物を取ろうとした時や、深く息を吸ったり吐いたりした時、咳こんだり、しゃっくりをした時にもぎっくり背中になる危険性があります。

Fotolia_30015881_XS-min

このような原因のほとんどは、背中の筋肉の疲れや、筋肉の低下ですが、これも全て筋肉の緊張からきているものです。

Fotolia_71097798_XS-min

最初は、肩のこりや、首すじの痛みを訴える人もいます。

Fotolia_62945783_XS-min

その肩や首すじの痛みがだんだんと下に降りて行き、背中全体がこったような痛みに襲われます。

ぎっくり腰のように激痛で立つ事もままならないほどにはなりませんが、長期にわたりこった様な痛みに悩まされ、治ったと思うとまた同じ様な症状が現れるのが特徴です。

どんな症状?

ぎっくり背中の症状は、ぎっくり腰と同様にスポーツをしている時などに、急に背中に激痛が走ったり、背中が抜けてしまう様な感じがするという人もいます。

夜寝る時も、強烈な痛みが走り、ひどい人では、寝返りをうつのも困難な状態になってしまう人も居ます。

動かす事も困難な状態では、仕事においてもかなりの負担になってしまいます。

Fotolia_79466314_XS-min

一言で、背中といってもいろいろな箇所がありますが、その分、症状が現れる箇所も人それぞれで、肩甲骨から背中の中央まで、広い範囲でぎっくり背中の症状は現れる様です。

参考⇒肩甲骨付近の背中の痛みに潜む危険な原因とは?

この事から、何処何処が痛いからぎっくり背中だ、とはなかなか素人では判断がつきにくいのがぎっくり背中です。もし長期にわかり、背中に違和感や痛みを感じる方がいましたら、酷くならないうちに、見てもらう事をオススメします。

スポンサーリンク

治し方はまず安静にすること

ぎっくり背中の治し方ですが、まず一番大切なのは安静にする事です。

Fotolia_42804878_XS-min

無理に動こうとするとかえって痛みを広げてしまう恐れがあるので、自分が一番楽な体勢で安静にする必要があるでしょう。

痛みが強い場合は、背中の筋肉が炎症を起こしている可能性がある為、冷やす事も効果的かもしれません。

Fotolia_47687733_XS-min

よく冷して下さいと言われて、冷シップを貼る人がいますが、冷シップというのは、冷感シップというもので、文字通り冷たく感じるだけのものなので、あまり効果的とは言えません。

しっかりと氷を包んだ手ぬぐいなどで、アイシングするのが一番いいと思います。

それでも痛みが引かない場合は、やはり病院で見てもらい痛み止めのお薬などで、適切な対処をするといいでしょう。

予防するには?

ぎっくり背中を予防するには、日々のストレッチが一番いいと思います。

sutoreti02-min

ぎっくり背中は、筋肉の低下や、筋肉の硬直からくるものがほとんどですから、日々筋肉を動かし、筋肉を柔軟な状態を維持しながら、適度な運動で筋力の低下を防ぐ事が大切です。

ぎっくり背中は一度なると、治ったとしても、前と同じ生活をしていてはまた痛みが出てきて、それを繰り返すとはいうケースが珍しくありません。

ですから日々の運動やストレッチが大切なのです。

sutoretti02-min

ストレッチですが、やるならお風呂に入った後にやるとより効果的でしょう。

Fotolia_55760995_XS-min

筋肉が柔らかい状態でやる事で無理なくストレッチが出来ると思います。運動は朝軽くウォーキングするなど、身体に無理のない、心地のいい運動のは仕方が理想的です。

寝方に楽な体制で

ぎっくり背中になって一番辛い時は寝るときです。

Fotolia_49170559_XS-min

背中の広範囲に渡り痛みが走るため、寝返りをうつだけでも激痛が走ります。

首の向きを変えるだけでも痛むという人も少なくないようです。

その様な時に、一番楽だと言われている体勢は、痛む箇所を上にして横向きで寝るという体勢です。

口で言うのは簡単ですが、実際は横向きになるだけでも激痛が走りますから、楽な体勢は自分で探すのがいいかもしれません。

Fotolia_76132439_XS-min

あとは、寝返りをうつ時や、起き上がる時など動く時は、お腹に力を入れながら動くと痛みは最小限に抑えらるます。不意に動くと背中に負担がかかってしまう為激痛が走るようです。この事から、眠りが浅くなってしまい、精神的にもストレスがかかり、治りが遅くなってしまう事もあるようです。

痛みが続く時は病院で治療?

ぎっくり背中の治療というのは、病院にいってもこれといって、特別な薬などがある訳ではないようです。

Fotolia_61244120_XS-min

病院といってもぎっくり背中の場合、何科に受診したらいいのか悩む人も多いと思います。

行くとしたら、内科、もしくは、整形外科どちらかだと思いますが、正直どちらでも構わないと思います。

どちらにせよぎっくり背中というのは、骨に異常がある訳でわありませんから、どちらの科に受診しても、言われる事は同じだと思います。

Fotolia_61836345_XS-min

まず安静すること、痛い時は冷して下さい、この二点だと思います。

ですから、適切な処置の仕方を教えてもらうという考えで受診するのがいいかと思います。ですが病院に行かずに、自分で間違った処置をしてしまうなと、かえって悪化する可能性があるので、一度は病院でみてもらうといいと思います。

ぎっくり背中の原因と治し方は?【予防はストレッチで!】のまとめ

突然、背中が痛くなって続く場合にはぎっくり背中の可能性がありますが、その際はまずは安静にしましょう。長引く場合には病院にて診察を受けたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした



髭が生えている男性
デザインヒゲの簡単な剃り方は?【脱毛も人気の方法の1つ!】

デザインヒゲは今人気で、多くの方が髭をデザインしているのをよく見かけま

抜け毛が増える原因と時期は?【対策は男女で異なる!】

抜け毛が増えるには原因がありますが、加齢や生活習慣など身近なものと、季

28歳で後頭部が薄くなってきた!【生活習慣とスカルプDで対策】

28歳で後頭部が薄くなってきた男性の薄毛からの復活方法ですが、具体的な

喉が乾燥で痛い!【効果的に対策するにはマスク?】

喉が乾燥して痛くなる前に対策できる効果的な方法にはどのようなものがある

かっぱ頭になる前に対策を!【原因の多くはAGA?】

かっぱ頭の原因の多くは男性型脱毛症のAGAですが、自分で対策して改善で

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑