*

低体温対策で免疫強化!【頭痛や風邪引きの原因にも?】

公開日: : 低体温 , , , , , , ,

頭皮のニオイにお悩みのあなた!
頭皮のニオイからやっと解放されて急に近寄られても、もう大丈夫! クリアハーブミスト

低体温は治らないということはなく、食事や生活習慣を見直すことで体を冷やす原因を取り除くことができます。頭痛や風邪、そして免疫が低下しているという方は低体温対策をしてみてはいかがでしょうか?

Fotolia_63266907_XS-min

低体温が原因で冷え症になっている方は女性に多い傾向がありますが、低体温だと健康にとってよくない事が多くあります。低体温により免疫が低下してしまい、風邪をよく引いてしまったり、その他の病気にかかる可能性があります。

スポンサーリンク

低体温とは?

人間の体温は、普通36度~37度前半くらいを保っています。

低体温とは、体温が35度台の場合をいいます。冷え性も原因の一つであることから、女性に多い症状です。

Fotolia_28602586_S-min

しかし、私達は意外に体温を測定する機会が無く、風邪をひいたりなどの熱っぽいという自覚症状でもないと、なかなか熱を測ろうとは思わないものです。まず、普段から自分の平熱を知っておくことが大事になってきます。

Fotolia_48122479_XS-min

それから、低体温だと思っていたのが、実は体温計の測り方が悪くて正しい体温ではないこともあります。

taionkei-min

あまりにも低い時は、もう一度測り直すなどしっかり体温を測る必要があります。

低体温の状態が長く続くと、健康維持の為のいろいろな機能が低下してきて、体調不良に陥りやすくなります。

貧血 倒れる女性

そうならない為にも、自分が低体温なのかどうかを、ちゃんと知ることが重要です。

低体温の原因は?

低体温の原因として、甲状腺ホルモンが不足すると低体温になる場合があります。

Sore throat of a women

この場合は、はっきりした原因があるので、血圧が低かったり冷えやむくみなどの自覚症状がある人は、甲状腺の検査をうけましょう。

ketuatu-min

このように、はっきりとした原因が無いのに低体温の場合は、大部分は生活習慣が原因となります。普段の生活の中で、体を冷やしたり血行を悪くするようなことを続けていると、低体温になりやすいのです。

Fotolia_69871819_XS-min

例えば、

  • やせすぎている
  • 運動不足になっている
  • 寒い日でも薄着でいることが多い
  • 偏食傾向にある
  • 体を冷やす食品を食べ過ぎる
  • 喫煙習慣がある
  • 入浴をシャワーのみで済ます
  • 冷房にあたりすぎている

などの生活習慣が低体温の原因になります。

対策方法は?

低体温対策ですが、甲状腺ホルモンの異常などの場合は、医療機関で治療を受ける必要があります。

doctor

それ以外の明らかな病気が原因でない場合は、生活習慣の改善が低体温対策となります。

ダイエットをするにしても、バランスのよい食事で必要最低限のカロリーは摂取して、急激な体重減は避けるようにしてください。

Fotolia_50767979_XS-min

30分程度の運動を週に数回以上やりましょう。

Fotolia_42971072_XS-min

インスタント食品や甘いものは、なるべく食べないようにします。

Fotolia_42531333_XS-min

腰周りや首、足の裏を冷やさないような服を着るようにします。

入浴は、ぬるめのお湯にゆっくり浸かってください。

Fotolia_48327133_XS-min

タバコはやめた方がいいです。

Fotolia_52115134_XS-min

それから、自律神経のバランスを整える為にも、夏は冷房を使わず汗をかく時間を作るのも大事です。

ase-min

また、冬は旬の物や発酵食品を使って、体が温まるメニューにするのもいいですね。

風邪引きやすい?

低体温の人は、風邪をひきやすくなります。

Fotolia_57592402_XS-min

それは、低体温になると、自律神経が乱れたり代謝機能が低下してりして、免疫力の低下を招くからです。免疫力が低下すると抵抗力も無くなり、風邪をひきやすくなる上にひいても治りにくくなります。

人間の体は、風邪やインフルエンザなどで、細菌やウィルスが体内に侵入すると発熱してウィルスを退治しようとします。ところが、低体温になると体温がなかなか上がらずウィルスをやっつけることができないのです。

せきや鼻水が出て体がだるく頭もボーっとするなどの風邪の症状があるのに、熱を測ると熱が全然ないという人がいます。

Fotolia_62762259_XS-min

それでも体は辛い症状である場合は、低体温の可能性があります。

低体温で免疫力が低下するということは、風邪どころかガンなどの大変な病気を引き起こす時もあります。たかが低体温と思わずに、早めに改善をすることが大事です。

スポンサーリンク

免疫が低下している!

低体温と免疫は、深い係わりがあります。

低体温は平熱が35度台のことをいいますが、体温が1度下がっただけで、免疫力が4割近くも低下するといわれています。

Fotolia_64027991_XS-min

免疫力が低下すると病気になりやすくなってしまいます。

免疫力とは、病気に対する抵抗力のことで、外から体に侵入してきた細菌やウィルスを退治する働きです。

Fotolia_72859967_XS-min

この免疫機能は、血液中の白血球が担っています。白血球の機能を高めれば、免疫力が強くなります。体温を調整している自律神経のバランスが崩れると、白血球の中でも大事な役割をするリンパ球が少なくなり、血流が悪くなり体温が低くなります。

このように、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスで、低体温と免疫力はコントロールされています。自律神経のバランスを整えて、体温を上げることが免疫力アップに繋がります。

食事の改善も大切です

人間が生きていく為には、口から食べ物を摂取することは当たり前であり、その食べ方一つで自分の健康を左右しています。それは、低体温と食事についても言えることです。

低体温は体の冷えが原因の一つになっているので、体を冷やす食事や食品ばかりにすれば、低体温になりやすくなります。

体を冷やす食品は、白米やパン、コーヒーや緑茶、お菓子、ビールなどと、バナナやみかんなどのいわゆる南国フルーツなどです。

beel02-min

反対に体を温める食品は、そばやごま、根菜類やにんにく、生姜、りんごやぶどう、白身や赤身の魚、番茶、熱燗やホット赤ワイン、海藻類、塩、味噌などがあります。

soba05-min

特にナスなどの夏野菜は体を冷やすといいますが、塩漬けにすれば温める食品になります。

nasu-min

塩分の摂り過ぎは良くないといわれますが、体を温める為にもある程度の塩分は、人間の体には必要なのです。

野菜は生で食べるより、加熱して食べたほうが温める効果があります。

Fotolia_75751412_XS-min

低体温の改善には、食事の改善も重要になります。

頭痛の原因にも?

女性に多い頭痛ですが、その原因はいろいろあります。肩こりや目の使い過ぎ、生理中なども頭痛の原因です。

ところで、低体温が原因の頭痛に悩んでいる女性も、最近は増えているようです。

zutuu02-min

頭痛は、血流が悪くなり脳に酸素や栄養が十分に届けられなくなると起こります。この血流が悪くなることに低体温が関係してくるのです。

低体温の人は、大体において血流が悪い傾向にあります。

低体温の原因の一つである冷え症の人に頭痛が多いのも血流の悪さからきているのです。

zutuu-min

頭痛になると頭痛薬に頼りがちです。頭痛薬には交感神経を刺激する作用があり自律神経が乱れる原因になるので、頭痛は治っても低体温がかえって悪化する危険性があります。なるべく薬を使わないで頭痛を改善したいものです。

その為には、やはり頭痛になりにくくなるように、低体温の改善に取り組むことをおすすめします。食事に気を付けたり運動をして、体温を上げて血流をよくして代謝を上げましょう。

男性でも低体温で悩む人が急増?

低体温と聞くと冷え性と関係があるので女性に多いイメージがあります。

実際、男性は筋肉量が多い為低体温にはなりにくいのです。ところが、最近は男性の低体温も増えてきているそうです。

男性の低体温の原因としては、食事や生活習慣の乱れやストレスがあります。特にストレスが溜まってくると自律神経のバランスが崩れ、体温調節がうまくできなくなり低体温となってしまいます。

Fotolia_32222903_XS-min

それから、暴飲暴食や喫煙習慣も低体温の原因となります。

tabako06

また、低体温にならなかったとしても、このような不規則な生活を続けていくと動脈硬化になることもあり、血液が手足の先まで行かなくなり、やはり低体温を引き起こします。男性の低体温も、体にいろいろな不調が起こるので、早めの対策が必要です。

その為には、

  • 運動を行い十分な睡眠をとる
  • 栄養バランスのとれた食事をして食べ過ぎない
  • お酒や喫煙を控える
  • ストレスをうまく発散させる

などを行い体を冷やさないようにすることが大切です。

低体温対策で免疫強化!【頭痛や風邪引きの原因にも?】のまとめ

よく風邪を引くという方は低体温になっていることがあります。体温を低くする原因は私達の周りにたくさんありますので、低体温に悩む方は生活習慣から見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした



抜け毛が増える原因と時期は?【対策は男女で異なる!】

抜け毛が増えるには原因がありますが、加齢や生活習慣など身近なものと、季

28歳で後頭部が薄くなってきた!【生活習慣とスカルプDで対策】

28歳で後頭部が薄くなってきた男性の薄毛からの復活方法ですが、具体的な

喉が乾燥で痛い!【効果的に対策するにはマスク?】

喉が乾燥して痛くなる前に対策できる効果的な方法にはどのようなものがある

かっぱ頭になる前に対策を!【原因の多くはAGA?】

かっぱ頭の原因の多くは男性型脱毛症のAGAですが、自分で対策して改善で

風邪予防にはヨーグルト?【ビタミンが豊富な食事も!】

風邪予防を効果的にするには、食事や睡眠などに気を付ける事が重要ですが、

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑