*

夏太りの原因はむくみ?簡単にできる予防法と解消方法とは?

汗にお悩みのあなたに送ります!
汗をたくさんかいて服にシミができるなんて絶対イヤ!これで今すぐ対策! 顔汗訴求 
体験レビュー⇒顔の汗を抑える人気のクリーム【サラフェプラス】を試してみました!

夏太りというのはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、実は意外と夏に太ってしまう方が多いのです。暑さで食欲が無くなるのに、逆に太ってしまう原因とは一体何なのでしょうか?水分の摂りすぎでむくんでしまう事も一つですが、その他にも原因があります。効果的に解消して、日々予防していく方法をご紹介しております。

feet on a bathroom scale - isolated

夏太りの原因はいくつかありますが、多くは栄養の偏りです。「夏バテで食欲がないのに、なぜか太ってしまった」という方は是非参考にして太ってしまった体を元に戻してくださいね。

スポンサーリンク

夏太りとは?

夏太りという言葉をご存じですか?

実際に夏太りを経験した人は多くいらっしゃいます。夏太りをよく知らない方にとって知りたいのがこの夏太りとはどんなことで原因は何なのかということです。

夏太りとはこの名前の通り夏に太ってしまうことを言い表しています。

夏は汗をかくからこそ痩せるのではと思っておる人が多いけれども実際に違っていて夏は太りやすい場合が多いです。これは勘違いをしているからこそということが多いのですが、体の作りが理由の一つでもあります。

夏太りにはいろんな原因があって、体質というよりも普段の行いが原因としている場合が多いです。夏太りをする原因などをよく知ってから対処していくことが必要としています。さらに太るのは簡単だけれども、痩せることがかなり難しくなっているのがこの夏になります。

夏は体重に関してしっかりと管理をしていかないといけないので覚えておきましょう。

そしてどうしても太りたくないとしているのなら、まずはしっかりと対策法などを知って実行していくことが必要です。夏に何もしていないとなると太ってしまう可能性が高くなってしまいます。

夏太りの原因は代謝と食事内容?

夏太りは当然夏に太ってしまうことですが、夏は痩せやすいと感じているからこそ何故太ってしまうのかがかなり疑問になることです。ではなぜ夏太りをしてしまうのでしょうか。

体のメカニズム

夏太りをしてしまう原因としているのが、体のメカニズムが大きく関係をしてきています。

まず汗をかくと痩せてくれるというのは大きな間違えになっていて、汗を書いたとしてもエネルギーなどの消費をしているわけではありません。あくまでも体の水分を出しているだけですので、痩せるという要素が殆どないです。

痩せるそして体重維持をするためにも必要としているのが基礎代謝がどうなっているのかです。

基礎代謝がいいとエネルギーの消費をすることが多くなるため体重維持することを可能としていて、基礎代謝がよくなってくれるのが温度になります。外気温と体温の差が激しいと体温の維持をするため代謝を良くして体温維持をしています。

しかし夏は温度差があまりないので簡単に体温維持することを可能としていて、基礎代謝が下がり結果として普段よりもエネルギー消費が少なくなります。なので実際に夏というのは太りやすい体質になってしまうので覚えておく必要があります。

当然暑いからこそ動かないというのも原因としているので、夏だからこそ動くというのが大事になります。

スポンサーリンク

炭水化物とビタミンB6

食事も大きな関係性があります。夏バテになるとどうしてもさっぱり、あっさりしたものを食べたくなります。例えば、冷たい麺類だけをつるっと食べる。これではハッキリいって栄養の偏りすぎです。ビタミン、ミネラルなどを摂取していないことになります。特にビタミンを摂取しないと食べたものを代謝できなくなりますので、脂肪となって溜まってしまいます。

ちなみに、代謝に欠かせない栄養素として

  • ビタミンB1⇒糖質の代謝
  • ビタミンB2⇒必要脂質の代謝
  • ビタミンB6⇒たんぱく質の代謝

サラダなどを一品追加するだけで夏太りも予防できますのでおすすめです。

野菜を持つ

すぐに対策!夏太りの効果的な解消法とは?

夏太りをしないようにすることは当然必要としていることです。

しかし、どのようにすると夏太りの解消をすることができるのかがわからないので知りたいと思っている人が多いです。では夏太りの解消法とはどのようになっているのでしょうか。

まず暑いから動けないのではなく、暑くてもより多く動くことが大事になります。夏は体温調整を簡単にできるため代謝自体が低下をしています。そのため今まで以上に動いてエネルギーの消費が必要となるので、暑いからといって動かないのではなくしっかりと動くことが必要です。

当然食べ過ぎに注意することも必要です。

夏バテの防止をするためより多く食事をする人もいらっしゃるのですが、これが太る原因になります。確かに夏バテをしないことも必要ですが、しかし多く食事をしても夏バテをしないというわけではありませんので食べ過ぎはしないようにしましょう。

水や塩分を多く摂取することも多いのですが、これも夏太りの原因になります。夏でも水分などを適度にしておいて多く摂取しないことが大事になります。

予防することが大切なんです。

夏太りは当然嫌なことになりますので、太らないように予防をしておくことが大事です。

ではどのようにして予防をしていけばいいかというと、それは夏だからと言って特別なことをしないことです。夏バテを防止するために、より多く食事をしておくなどの行為は夏太りをさせてしまいます。

まず根本的に普段の生活と違ってしまう行為をしているからこそ夏太りをしてしまいます。多く食事をしたり多く水分を摂取したりなどすることで夏太りをさせてしまいます。知っておかなければいけないのが、暑いとしていてもなにか余分に必要としている物があるわけではないということです。

汗を多くかけば当然それだけの水分がなくなるのですが、しかしこれは冬でも当然そのようなことになるので、それに合わせて水分補給することが必要です。

摂取したエネルギーなどはそれだけ蓄えることができるわけではなく、ある程度しか蓄えることが出来ません。蓄えることが出来ないと違う部分に行き届いてしまうためこれが夏太りをさせてしまいます。

普段とかわりのない生活をすることで夏太りを予防できますので、夏だからといって多くするなどの行為はしないようにしましょう。

むくみ改善にはビタミンが必須

夏太りで多いのがむくみになっています。

もちろん本当に太っているという場合もあるのですが、むくんでしまって太って見えてしまうという場合がかなり多いです。実は夏だからこそむくみやすくなってしまっています。

まず夏は一番基礎代謝が低下してしまうと言われています。

これは体温調整がとても簡単としているため、基礎代謝を活発にする必要性がないので低下しています。基礎代謝が低下していれば当然内蔵関係も全て通常よりも低下をしている状態になりますのでむくみなどの症状が出てしまいます。

そして、食事も関係してきていて、夏になると暑いからといって冷たくそして簡単な麺類を食べるようにする場合が多いです。

これが問題で、麺類は炭水化物は多いけれども、ビタミンなどの栄養素がそこまで含まれているわけではありません。栄養不足によってむくみなどの症状をひどくしてしまうというのがあります。

夏は本当に浮腫みやすい状態にしてしまうため、しっかりと栄養管理をしてさらに暑くも動くことをして代謝機能を高めることが必要です。

夏太りの原因はむくみ?簡単にできる予防法と解消方法とは?のまとめ

むくみも脂肪蓄積も夏太りの現象の一つです。夏バテしないようにと食べ過ぎてしまっては太る事がありますので要注意です。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした




デンタルケアアイテム
口臭の予防におすすめグッズランキング!【デンタルフロスや舌ブラシも効果的?】

口臭の予防方法は色々ありますが、デンタルケアグッズもその一つですが、ど

抜け毛に悩む男性のイラスト
30代男性は抜け毛を対策を早めに!【効果的な方法は?】

30代男性の悩みの一つでもある抜け毛ですが、最近、髪の毛の量が気になり

女性が自分の薄毛にぞっとしているイラスト
女性のための抜け毛対策おすすめ6選!【諦める前にやれる事を】

女性の抜け毛は生活習慣の乱れやカラーリングなどのダメージなど、何らかの

薄毛が回復している男性のイラスト
センブリエキスの驚くべき効果とは?【頭皮の血行促進で育毛剤にも?】

センブリエキスに育毛の効果が期待できる理由とはい一体どのような事なので

髭が生えている男性
デザインヒゲの簡単な剃り方は?【脱毛も人気の方法の1つ!】

デザインヒゲは今人気で、多くの方が髭をデザインしているのをよく見かけま

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑