*

立ちくらみが頻繁に起きる原因はコレ【吐き気や頭痛は脳の病気?】

頭皮のニオイにお悩みのあなた!
頭皮のニオイからやっと解放されて急に近寄られても、もう大丈夫! クリアハーブミスト

立ちくらみが頻繁に起きる原因は低血圧や高血圧、そして貧血や自律神経など様々なので一つを特定できるものではありませんが、たかが立ちくらみと考えず、原因を特定して、対策することが大切です。立ちくらみが酷くなると大きな事故にもつながることがあります。

めまいを起こす女性

立ちくらみの原因として上げられるものなものは、貧血や起立性低血圧ですが、頻繁に立ちくらみが起こり、なおかつ頭痛や吐き気がある場合には病院で検査をする方が良いでしょう。立ちくらみには脳の病気が隠れている場合もあります。

スポンサーリンク

立ちくらみの原因は?

座っている状態から急に立ち上がるときに立ちくらみが起こる時はありますが、立ちくらみの原因はいくつかあります。

ビジネスマン A 病気 目眩 _

脳内が一時的に血液不足や酸素不足によって立ちくらみが起こりますが、時として脳の脳腫瘍や脳梗塞、脳血栓など、脳の病気が原因となっていることもありますので、頻繁に立ちくらみが起こるという場合には注意が必要です。

低血圧

立ちくらみの原因でもっとも多いのが、低血圧の方です。
普段から血圧が低い方は体質的に立ちくらみが多いと言えます。

起立性低血圧とは?

低血圧の分類で「起立性低血圧」というものがあります。座った状態、もしくは寝ている状態から立ち上がった時に、脳に十分な血液が行き届かなく、一時的に脳内の酸素が不足状態になります。急に立ち上がった時によく立ちくらみが起きるのはそれが原因です。

女性 めまい

この場合の対処法は、ゆっくりと立ち上がることを心がけましょう。
立ち上がる時には急に頭を上げずにゆっくりと上げることがポイントです。

また、それだけではなく長時間立った状態の場合にもふらついたり、めまいがしたりなどの立ちくらみが起きることがあります。その場合には、無理せず、座ることを心がけましょう。

低血圧の対策は?

立ちくらみの原因である低血圧の対策法ですが、そもそも低血圧は体質が大きく関係しているので、根本的な治療がありません。

貧血

貧血といえば、血液が薄くなった状態を指しますが、脳貧血は血液の問題ではなく血圧の低下による立ちくらみが原因となります。一般の貧血とは異なります。※起立性低血圧のことを脳貧血と呼ぶことがあります。

通常であれば、神経伝達により心拍数や血管の収縮により、血流をコントロールして、脳への血流を多くしますが、何らかの原因で伝達機能がうまく働かない場合には、立ちくらみが多くなってしまうことがあります。

vasculäres system

逆に貧血による立ちくらみの場合、血圧低下ではなく、血液に含まれる酸素の量が少ないために、脳が酸欠になり、立ちくらみが起こります。その場合は、血液検査で赤血球やヘモグロビンの量を調べてもらう必要があります。

自律神経の乱れ

人間の体は自律神経によってコントロールされています。呼吸をしたり、消化をしたり、血流をコントロールしたりします。これは無意識の行われているので、自律神経がすべて担っていますが、この自律神経が乱れしまうことによって、立ちくらみが起こります。

この自律神経はストレスや不規則な生活などですぐに乱れしまいますので、乱れた時には整える必要があります。参考⇒自律神経を整える8つの効果的な方法とは?【体験済み】

悩むビジネスマン

高血圧

高血圧で治療をされて適切にコントロールをできている場合には、それほど心配はありませんが、適切な指示に従わずに薬を飲んだり飲まなかったりしたり、不規則な食生活、不摂生などをされている場合には、立ちくらみを起こすことがあります。

スポンサーリンク

頭痛や吐き気がある場合は…

立ちくらみの主な原因は脳貧血と言われていますが、時に脳の病気が隠れている時があります。

Brain

頭痛がある、吐き気がある、しびれ、ろれつ異常が立ちくらみと同時にある場合には、病院に行き診断を受けた方が良いでしょう。脳の検査になると、CT、MRIなどで行いますが、少々金額も高くはなりますが、健康は何にも変えられないものです。健康第一です。

異常を感じたらすぐに病院へ。

立ちくらみの予防・対策方法は?

頻繁に立ちくらみが起きている場合には、今からでも対策をしていきましょう。

ゆっくり立ちあがる

急に立ち上がると、脳貧血を起こすことの原因となりますので、できるだけゆっくりと状態を起こすことを心がけましょう。立ちくらみが原因で危転倒事故を起こしたりすることはあります。できるだけそのような状態を避けるように、ゆっくりと行動しましょう。

規則正しい生活を送る

自律神経が乱れが原因で、立ちくらみが起こりますので、規則正しい生活、そしてストレスをためない努力をしましょう。食事、睡眠、運動のこの3つは自律神経を整える大事なポイントです。朝の起床はゆっくりと状態を起こしましょう。

血圧を上げる

ランニング

低血圧の方は、血圧を上げることも立ちくらみを防ぐ対策法です。栄養バランスの整った食事や軽めの運動(ウォーキング、ストレッチなど)や入浴などで血圧を上げていきます。またタバコやアルコールは血圧を下げるのでできるだけ避けた方が良いでしょう。

服装

きつめの圧迫するような服装はさけ、ゆったりした服装にしましょう。

貧血の場合にはまずは血液検査

 

日本では鉄分不足によって貧血の方が増えています。

doctor

立ちくらみが一向に改善されない場合には一度血液検査を受けてみる事おすすめいたします。医師の診断を受けることは、安心と健康につながります。

立ちくらみが頻繁に起きる原因はコレ【吐き気や頭痛は脳の病気?】のまとめ

立ちくらみは症状が酷くなると、気を失い倒れて、大きな怪我をしてしまうこともありますので、異変を感じたら病院にいくことをおすすめいたします。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした



抜け毛が増える原因と時期は?【対策は男女で異なる!】

抜け毛が増えるには原因がありますが、加齢や生活習慣など身近なものと、季

28歳で後頭部が薄くなってきた!【生活習慣とスカルプDで対策】

28歳で後頭部が薄くなってきた男性の薄毛からの復活方法ですが、具体的な

喉が乾燥で痛い!【効果的に対策するにはマスク?】

喉が乾燥して痛くなる前に対策できる効果的な方法にはどのようなものがある

かっぱ頭になる前に対策を!【原因の多くはAGA?】

かっぱ頭の原因の多くは男性型脱毛症のAGAですが、自分で対策して改善で

風邪予防にはヨーグルト?【ビタミンが豊富な食事も!】

風邪予防を効果的にするには、食事や睡眠などに気を付ける事が重要ですが、

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑