*

髪を太くする方法は?【細くなる前に効果的に対策!】

頭皮のニオイにお悩みのあなた!
頭皮のニオイからやっと解放されて急に近寄られても、もう大丈夫! クリアハーブミスト

髪を太くして、元気なコシがある髪へするにはどのような方法があるのでしょうか?髪が細くなってしまうのは薄毛の前兆にもなりますので、十分な睡眠や食べ物をはじめ、シャンプーや育毛剤などで効果的に対策して髪を太くしましょう。

fotolia_104721927_xs-min

髪を太くする方法には、まず生活習慣の見直しがあり、睡眠や食事などを改善し、必要な栄養を十分に摂取することが必要です。また毎日のシャンプーも重要で頭皮環境や毛穴の汚れなどをきっちり落として、さらに適切な育毛剤を使うことで細い髪から太い髪へと改善していきます。

スポンサーリンク

髪が細くなってしまう原因は?

皆さまの髪の毛の健康は大丈夫でしょうか?

30代、40代と年を重ねて行くとだんだんと髪の毛が細くなってしまう場合があります。

参考⇒細毛化の原因と改善からの復活劇!【ノコギリヤシの効果は?】

やはり見た目も去ることながら髪の毛は細いよりも太い方が自分に対する自信にもつながります。

ですので、どうせなら同じ髪の毛なのであれば太くて健康な髪の毛を保ちたいものです。

Fotolia_71756389_XS-min

でもそんな中で髪が細くなってしまう原因はどのような物になるのでしょうか?

それは髪の毛にしっかりと栄養が行き届いていないからなのです。

その大きな原因は

  • 栄養不足
  • サイクルの乱れ
  • 頭皮や髪自体にダメージがある
  • 加齢によるもの

ことになります。

参考⇒頭皮の血行が悪いと抜け毛が増える?【マッサージが効果的!】

これらのことを我々の生活習慣に置き換えてみると

  • 食事
  • 睡眠時間
  • 頭皮のケア

そしてストレスは大丈夫かと言うことになります。

いくら食事をきちんとていてもストレスが多く、自律神経が乱れてしまっている人であればちゃんと髪の毛に栄養が行き届いておらずに髪が細くなってしまう原因になってしまうのです。

また髪が細くなってくるのは薄毛の前兆になっている場合もありますので、早めの対策が必要です。

参考⇒頭頂部はげには前兆があった!【体験談】危険なサインはコレだ!

髪を太くする方法は?

では、髪を太くする方法はどのように行って行けば良いのでしょうか?

それは言ってみれば髪が細くなってしまう原因の反対を行っていけば良いのですが、まず食事については髪の毛の栄養ともなるタンパク質やミネラルを多く摂取することです。

めかぶ

また睡眠についても大切で人は起きている間に食事をしたり体を動かして活動していますが、その日に摂取した栄養分を吸収して筋肉や髪の毛に反映させるのが睡眠中になるのです。

ですので昔から夜更かしや徹夜は良くないと言いますが、それは睡眠をしないと髪の毛に栄養を渡す時間がなくなってしまうと言うことになるのです。

ですので、平均睡眠時間は6時間は取る様にいたしましょう。

fotolia_34057939_s-min

参考⇒質の良い睡眠のとり方は寝具も重要。スッと眠れる7つ方法とは?

またストレスについても大切で強くストレスを感じてしまうと血流が悪くなり、頭皮へも同じく血液が行かなくなってしまうので髪の毛が育たなくなり、植物同様にだんだん細くなってしまうのです。

ですので髪を太くする方法の中でもストレスは大敵になるのです。

スポンサーリンク

効果的なシャンプーは?

では髪を太くするシャンプーはどのようなものがあるのでしょうか?

髪の毛を太くする方法は

  • 食事
  • 睡眠
  • ストレスの低減

などもありますが、しかし毎日直接的に髪の毛に対して行うケアこそがシャンプーになります。

Fotolia_87704776_XS-min

ですので、もし皆さまが最近髪の毛が細くなってきたと感じた場合にはいつも使用しているシャンプーは頭皮に対して強い刺激が加わる化学成分が配合されている場合もありますので、できれば頭皮にやさしい弱酸性、無添加のアミノ酸系のノンシリコンシャンプーをしょうされることお勧めいたします。

fotolia_108332495_xs-min

また確かに髪を太くするシャンプーを使用することも大切なのですが、大切なのは正しいシャンプーの方法になります。

子供のころは髪の毛をゴシゴシと洗っていたかも知れませんが大切なのは頭皮を動かすようにマッサージをすると言うことです。そして、毛穴に詰まった汚れを排除したり頭皮に血流をよくすることで髪の毛が強く生えてくるポイントにもなります。

なお、すすぎについても1回だけではなくキチンとシャンプーが落ち切るまで行い、頭皮の健康を常に健やかに維持するようにいたしましょう。

Fotolia_87705577_XS-min

これだけでも頭皮は変わります。

グロースプロジェクト アロマシャンプー 男性用

女性にはコチラ

【女性用アロマシャンプー】verde(ヴェルデ)

食べ物は?

毎日食べる食事の種類が皆さまの髪の毛の運命を左右すると言っても過言ではないくらいに食事は大切なのです。

特にタンパク質の摂取がとても大切でそれは髪の毛の約9割はケラチンと言う成分でできているのですが実はこのケラチンこそがタンパク質なのです。

fotolia_81584338_xs-min

また、このタンパク質を効果的に作り出してくれるものとしてミネラルや亜鉛も大切になります。

では具体的に髪の毛を太くする食べ物は何が良いかと言いますと、タンパク質で言いますと豆類、そしてお肉の中でも鶏肉は鉄分や亜鉛を多く含んでいるのでお勧めです。

また魚類については青魚は血液をサラサラにし血行を良くしてくれます。

fotolia_80998853_xs-min

また卵も良いタンパク質を含んでいます。

そして野菜についてはブロッコリーが特に多くの栄養素を含んでおりますので普段食べていない方はサラダの中に取り入れてみると良いでしょう。

そして、亜鉛については

  • 生ガキ
  • チーズ
  • 煮干
  • レバー

がお勧めで、ミネラルについてはわかめや昆布をメインとした海藻類が髪の毛を太くする食べ物として挙げられます。

育毛剤もおすすめです!

男性の年齢とともに髪が細くなってきて、頭皮が見えてきたら要注意!早めの対策が必要です。

参考⇒

頭皮環境の改善や生活習慣の見直しもとても大切ですが、それにプラスして、育毛剤も使うようにしてきましょう!

男性の方におすすめ!

実際に使ったレビューはコチラ!⇒育毛剤フィンジア(FINJIA)を使ってみました!

女性の方におすすめ!

参考⇒口コミ評価「育毛剤ランキング」大発表!

口コミは?

では実際に髪の毛を太くした口コミはどのようなものがありますでしょうか?

これから髪の毛を太くしようとしている方にとっては本当に上手く行くのだろうか、エステに行くのも良いですがお金がかかるので自分でできる方法で髪の毛を太くした口コミがあるのであればそれを見て自信につなげたいものです。

今回お話をするのは45歳男性ですが、遠くからみると後頭部がハゲているくらい薄毛になった人です。

Fotolia_54349461_XS-min

参考⇒つむじはげの対策とリアル改善法とは?【写真画像あり】

先ず行ったのは、それまで不摂生だった食事を見直したことでした。

タンパク質と言ってもから揚げなどの揚げ物ばかりでしたので鶏肉や青魚を取り入れるようにして、シャンプーもスカルプ系のものを購入して頭皮を優しくマッサージするように洗いました。

睡眠時間も以前は3-4時間程度だったのを6時間以上取り、ストレスもなるべく溜めない様にした結果、2-3か月後には太い髪の毛が生えてくるようになり、確実に生活リズムを変えたことが功をなし、また太い髪の毛を手に入れることができたと言う素晴らしい口コミがあります。

皆さまもやる気になれば本日から行動できますのでがんばって行きましょう。

髪を太くする方法は?【細くなる前に効果的に対策!】のまとめ

髪が細くなってしまうのは「年齢だから」といって諦めていませんか?生活習慣からストレス対策、そして育毛剤などを使うと改善することが多くあります。髪が細くなってくるのは薄毛の前兆でもありますので、早めの対策が必要です。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした



28歳で後頭部が薄くなってきた!【生活習慣とスカルプDで対策】

28歳で後頭部が薄くなってきた男性の薄毛からの復活方法ですが、具体的な

喉が乾燥で痛い!【効果的に対策するにはマスク?】

喉が乾燥して痛くなる前に対策できる効果的な方法にはどのようなものがある

かっぱ頭になる前に対策を!【原因の多くはAGA?】

かっぱ頭の原因の多くは男性型脱毛症のAGAですが、自分で対策して改善で

風邪予防にはヨーグルト?【ビタミンが豊富な食事も!】

風邪予防を効果的にするには、食事や睡眠などに気を付ける事が重要ですが、

不眠の治し方は漢方がおすすめ?【チェック方法はコレ!】

不眠に悩む方が多くなっていますが、自分で環境を改善して不眠を治す方法が

→もっと見る

  • 薬用アットベリー
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑