*

「 目 」 一覧

目がしみる原因はドライアイ!【汗や涙の対策法は?】

目がしみる原因には眼球の傷や疲れ目などのドライアイがありますが、対策法はどんな方法があるのでしょうか。涙や汗でも目がしみることがありますが、その原因と効果的な対策法をご紹介しています。

続きを見る

目の痙攣が止まらない原因は?【寝不足やストレスには注意!】

目の痙攣の治し方ですぐにできる対策法はまずは目を休めること。温めながら休めると効果的です。目の痙攣の原因の多くはストレスや寝不足、そしてパソコンやスマホ、ゲームなどで目を酷使することがあげられます。

続きを見る

目を温める効果で視力回復?【おすすめの方法はコレ!】

目を温めると疲れ目の改善やリラックス効果があります。一瞬ですが視力が回復したような感覚もありますよね。目を簡単に温めることができるおすすめの方法をご紹介しています。 目を温める効果はなん

続きを見る

目がかゆい原因の多くは乾燥!【充血や目やには病気かも?】

目がかゆい原因でもっとも多いのは乾燥です。乾燥は肌や喉に影響が出るという印象ですが、目も乾きますので、それに伴いかゆみが出てきますが、充血や目やになどの場合は病気の可能性があります。 目

続きを見る

充血が治らない原因は何?【コンタクトは慢性になることも】

充血が治らない場合には原因がいくつか考えられます。コンタクトレンズやカラコンなどを使用している場合や慢性的な充血になっている人もいます。目薬をしても充血が治らない場合には病院に行って診察を受けましょう

続きを見る

寝起きの顔がむくみでパンパン!原因と解消法を詳しく

寝起きたら、顔も目もむくみでパンパンになっている経験はありませんか?その日がデートなど大切な日だったら、もう気分はどんよりですね。寝起きに顔がむくむには理由があります。原因と解消方法を詳しくご紹介して

続きを見る

一重でも切れ長の目に見える簡単メイク術とは?

切れ長の目ってカッコよくみえますよね。憧れている女性も多いのではないでしょうか。そんな切れ長目になれる簡単メイク術をご紹介しております。一重の方でも目の小さい方でもメイクだけでできますので是非チャレン

続きを見る

目の疲れで頭痛や肩こりが起きる!即効で解消する5つの方法とは?

目の疲れが続くと頭痛や肩こりが起きることがあります。今の社会では目を酷使する場面が多くありますので、目の疲れが思っている以上に溜まっているものです。目の疲れがたまると頭痛や肩こりも酷くなってきますので

続きを見る

目を大きくする簡単ナチュラルメイクの方法とは?【一重や奥二重も】

一重や奥二重の女性の悩みは目の大きさではないでしょうか。大きなデカ目になって可愛くみせたいというのは誰しも思うのですがメイク方法が分からないという方のために、簡単でしかもナチュラルに見える大きな目にす

続きを見る

雑草アレルギーの辛すぎる6つの症状と対策法

雑草アレルギーという花粉症と同じ症状がでるアレルギーがあります。その症状とは、鼻がムズムズ、水のような鼻水がタラタラ、目はかゆく、くしゃみが止まらない。もうこれは生き地獄と言っても良いほどの苦しみです

続きを見る



抜け毛に悩む男性のイラスト
30代男性は抜け毛を対策を早めに!【効果的な方法は?】

30代男性の悩みの一つでもある抜け毛ですが、最近、髪の毛の量が気になり

女性が自分の薄毛にぞっとしているイラスト
女性のための抜け毛対策おすすめ6選!【諦める前にやれる事を】

女性の抜け毛は生活習慣の乱れやカラーリングなどのダメージなど、何らかの

薄毛が回復している男性のイラスト
センブリエキスの驚くべき効果とは?【頭皮の血行促進で育毛剤にも?】

センブリエキスに育毛の効果が期待できる理由とはい一体どのような事なので

髭が生えている男性
デザインヒゲの簡単な剃り方は?【脱毛も人気の方法の1つ!】

デザインヒゲは今人気で、多くの方が髭をデザインしているのをよく見かけま

鏡を両手で持ち抜け毛が気になっている男性のイラスト
抜け毛が増える原因と時期は?【対策は男女で異なる!】

抜け毛が増えるには原因がありますが、加齢や生活習慣など身近なものと、季

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑