クレジットカードの審査に通らない?審査通過率を上げるためのコツとは?

審査 お金

クレジットカードの発行には審査が必要です。したがって審査に通過できなければクレジットカードを持つことはできません。

クレジットカードの審査に落ちるのが心配、あるいは実際に落ちたという方がいらっしますが、そうした方の中にはクレジットカードの審査基準や審査通過率を上げるためのコツを知りたいという方がおられます。

そこで、本記事ではクレジットカード審査の基準、クレジットカードの審査通過率を上げるためのコツを3つ紹介します。

スポンサーリンク

クレジットカード審査の基準とは?

年収

クレジットカードの審査では次の2点について審査されます。

  • 属性情報
  • 信用情報

この2点についてどのような点を審査されるのかその具体的な内容を紹介します。

属性情報

カード審査の基準の1つが属性情報です。

属性情報とは申込者本人の支払い能力を判断するための情報です。

具体的には以下の情報が属性情報に含まれます。

  • 年齢
  • 職業
  • 居住形態(持ち家もしくは賃貸)
  • 住宅ローンの有無
  • 家族構成
  • 連絡先(固定電話や携帯電話の契約の有無)
  • 配偶者の有無
  • 就業形態(正社員・アルバイト・無職など)
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収

カード会社は、こうした属性情報を基準にスコアリングと呼ばれる方法で評価点数を計算し、カード発行基準に達しているかどうかを判断するのが一般的です。

とりわけ、カード会社は貸し倒れを防ぐために、申込者に安定した継続収入があるかどうかを重視します。

信用情報

信用情報とはクレジットカード、銀行やノンバンクのローンの利用履歴といった個人の借入や返済についての情報です。

信用情報はクレジットヒストリーを略した「クレヒス」と呼ばれます。

銀行やカード会社は信用情報機関から個人の信用情報を閲覧し、それを基準にして審査します。

銀行やカード会社が利用する信用情報機関として以下の3つが一般的です。

信用情報機関に登録されている情報には以下のものが含まれます。

  • 本人を特定するための情報(氏名や生年月日、電話番号など)
  • 契約内容の情報(登録会員名・契約の種類・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額など)
  • 返済状況の情報(入金予定日・入金日・残高・完済日・延滞など)
  • 取引事実の情報(債務整理・債権回収・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡など)

信用情報機関から情報から、支払いの遅延、延滞、ノンバンクからの借入状況などを参照し、カード発行できるかどうかを判断します。

スポンサーリンク

カード審査通過率を上げるためのコツとは?

審査

クレジットカードの審査通過率を上げるためにコツには次のものがあります。

  • 金融事故を起こさない
  • 正確な個人情報を記載する
  • 同時に複数のクレジットカードを申し込まない

金融事故を起こさない

3ヶ月以上クレジットカードの返済を滞納する、返済遅延を繰り返すという行為があれば金融事故として信用情報機関に登録されます。

いわゆるブラックリストに載るという状態です。信用情報機関は金融事故の情報を共有できるので、クレジットカードの審査通過率を上げたければ、金融事故を起こさないようにしてください。

ちなみに、携帯電話料金の支払いやローンの返済にも遅延があれば、それらも支払能力に問題ありとみなされる材料になります。

正確な個人情報を記載する

クレジットカードを申し込む際には本人確認書類の提出が必要です。

したがって正確な個人情報を記入するようにしてください。

審査に通過したいという理由で年収の額などを大目に書こうと思うかもしれません。

しかし、虚偽記載が発覚した場合、カード審査に落ちる、そのカード会社独自のブラックリストに入り2度とサービスが受けれないなどの問題が生じます。

同時に複数のクレジットカードを申し込まない

同時期に複数のクレジットカード申し込むと審査に落ちる確率が高まります。

多重申し込みの情報は信用情報機関を通じて共有されおり、各カード会社はその情報を参照することが可能です。

同時に複数のクレジットカードを申し込むとカード会社は申込者について以下のように判断します。

  • お金に困っている
  • 特典目当てで入会を繰り返している

クレジットカードにはキャッシング枠があります。したがってクレジットカードを同時に何枚も申し込む人は、複数のカードを使いキャッシングでお金を借りようとしているとみなされるでしょう。

貸し倒れのリスクを回避したいカード会社は、返済能力が低い人に対しては審査を通過させることはありません。

したがって、複数のクレジットカードが必要というときは、カードを受け取ってから6ヶ月程度期間を置いてから次のカードを申し込むことができるでしょう。

まとめ

この記事ではクレジットカードの審査基準、カード審査の通過率を上げるための3つのコツを紹介しました。

やみくもにカードを申し込んで何回も審査に落ちれば、多重申し込みの記録が信用情報機関に残りさらに審査に通過するのが難しくなります。

審査に通過できるように、収入を安定させ、クレヒスをきれいに保ってください。そうすればカード審査に落ちることはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました