*

まぶたのたるみを効果的に解消法方法を動画でご紹介

公開日: : 最終更新日:2014/09/08 たるみ, まぶた , , , , , , , ,

Pocket

まぶたのたるみは老けて見える原因になります。これは男性でも女性でも気になるところです。まぶたのたるみの原因はどのようなことが考えられるのか?また自分でできる解消法などはあるのでしょうか?

顔のむくみ

まぶたにたるみがでてくる人は顔全体がたるんできている場合が多いので、日ごろの予防をしていくことで解消効果は期待できるのです。それではここでまぶたのたるみの効果的な解消法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

まぶたたるみの解消方法とは?

まぶたがたるんでいると、表情が暗くなり印象が良く見えません。ですが、たるみは簡単に出てきてしまうので解消するべきです。紫外線や加齢による乾燥が原因の場合があります。

肌に弾力やハリがなくなるのを解消する必要があります。その解消方法とは、日焼け止めを塗るなどの紫外線の防止や肌の保湿(肌のスキンケア)・水分補給などがあります。また、老廃物の溜りが原因となっている場合があります。老廃物が溜まり始めるとまぶたのたるみにも繋がりますが、クマなどで表情が悪くなることにも繋がります。

解消方法としては、蒸したタオルを閉じた目の上に乗せて保温したり、リンパマッサージを行うといいです。たるみの原因の老廃物を停滞させないことがたるみの解消に効果的です。その他にも、表情筋の衰えが原因になります。

表情筋が退化すると皮膚全体が下がるのでまぶたのたるみができやすくなります。その場合は、表情筋のトレーニングによって解消できます。

上まぶたのたるみの解消方法とは?

上まぶたがたるんでいると、常に眠たい目つきに見られることがあります。

たるみの原因は、目の周りにある眼輪筋と頭皮の筋肉の衰えです。目元の筋肉と頭皮の筋肉は、実は繋がっているため頭皮からリフトアップすれば、上まぶたのたるみを引き締めることが出来ます。簡単に出来る方法としては、頭皮マッサージが効果的でオススメです。眼輪筋と頭皮が鍛えられ、上まぶたのたるみをリフトアップします。

しかし、上まぶたのたるみの最大の原因は加齢による真皮のコラーゲンが減少していることです。そのせいで、肌のハリが失われます。

なので、コラーゲンを摂取すればいいと考えがちですが、真皮というのは肌の一番奥にあるため化粧水や美容液などが真皮には絶対に届かないのです。セルフで真皮のケアを行うのは難しいです。そこで、真皮のケアをするには専門機器で真皮まで美容成分を補給するか、エステなどでフェイシャルマッサージを行うなどすると効果が出てくるようです。

まぶたたるみになりやすい人とは?

まぶたにたるみが出やすい人は、まぶただけではなく顔の肌もたるむ可能性が高いです。なのでまぶたのたるみだけ気にするのではなく、顔のたるみも気に掛ける必要があります。

たるみやすい人の特徴としては、ひどい肩こりがあり放置している人や頬杖をつく人・片方ばかりで噛む人目をよくこする人・横向きでねる人感情を表情に出さない人などが挙げられます。

特に目をこする人は、まぶたへの負担が多くかかるのでたるみやすいです。肩こり長く続いている状態にある場合は、常に筋肉が張っているので緊張状態にあり無駄な負担や重力がかかってしまいます。

また、感情を表情に出さない人や無愛想な人は、表情筋が衰えてしまい退化するため肌や皮膚全体が下がってしまうので、たるみやすくなります。他にも常に口をへの字にしていたり、笑わないなど表情が暗い人ほどたるみが出やすいです。なので明るい表情を心掛けるだけで、たるみが出にくくなり印象がかなり変わります。

手術で改善させる?

まぶたのたるみを解消するために手術を受ける人は少なくありません。

手術の大まかな内容としては、たるんでいる余った皮膚を取り除きます。費用は高めで、手術時間は1時間以上かかります。

術後に腫れなどが出る場合もあり、最低一週間は続く可能性があります。完全に落ち着くまで約6ヶ月はかかるので、少々支障が出る場合もあります。目は術前より開き、額のシワがなくなるなど明るい印象になります。

しかし、目尻が下がり眉は垂れ気味になり目と眉の間が狭くなることもあります。なので元から目と眉の間が狭い人には少し不向きかもしれません。傷跡も目立ちはしませんが、
近くで見るとやはり傷跡はわかります。また、手術を一度しても年月が経てば再びまぶたはたるんで垂れてきます。

目は人の印象を一番変えやすいので、軽い気持ちで手術に踏み切らない方がいいです。まぶたのたるみの手術は、意外にもリスクが高いので慎重に決めることと、信用と実績がある病院で行うことが重要です。

スポンサーリンク

即効できる!化粧品でカバー

まぶたのたるみはメイクでカバーすることが出来ます。

まず、たるみがあることで目元に影が出来疲れたように見えてしまいます。そこで、二重のラインを含めた上まぶた全体にコンシーラーを使用して明るさを足して補います。その場合コンシーラーの色は、自分が使っているファンデーションよりもワントーン明るめがオススメです。

形状は伸びが良く、フィット感が高いコンシーラーを選ぶといいです。クリーム状のタイプだと、塗りやすく簡単にカバー出来ます。また、リキッドファンデーションを使用する場合はその後にコンシーラーを使用します。

逆に、パウダータイプのファンデーションを使用する場合は塗る前にコンシーラーを使用します。

その他にも、化粧下地の色は肌を明るく見せるピンク系やパール系がいいとされています。軽く叩くように塗ると馴染みやすいです。アイカラーもブルー系などではなく、ピンク系を使用することで活き活き感が出て明るい印象になります。

まぶたのたるみにならない予防方法とは?

実はまぶたに出るたるみは、簡単に予防することが出来ます。

普段の生活次第で、たるみが出やすくなり目立ちやすくなります。簡単にいつでも出来る予防方法としては、目をこすらないことです。またコンタクトレンズを入れる場合には、上まぶたは極力触れないようにし下まぶたを下げるようにしてコンタクトレンズを入れます。

メイクを落とす時なども上まぶたをこすらないようにする注意が必要です。その他の予防方法としては、眉毛を動かす癖がある人は出来るだけ動かさないように注意します。

あとは、読書をする際やテレビを見る際に目線を出来るだけ上げず、目線を下げることも予防に繋がります。目線を下げることによって、普段使っているミュラー筋という筋肉が休まるので、予防することが出来ます。

目が開いている状態だと、常に筋肉が動いて負担をかけてしまうので、出来るだけ負担を軽減するため目を見開いた状態の時間を減らすことでより効果的な予防となります。

【動画】効果的なマッサージとは?

まぶたのたるみに効果的なのは、ツボ押しマッサージなどがあります。

このマッサージは、自宅に簡単に出来る他たるみだけでなく、目尻の小じわの解消や肌の乾燥・肌荒れの改善にも効果があります。その他にも、蒸しタオルで疲れを取り眉の生え際を揉むようにマッサージします。

眉頭から眉尻にかけて揉み、老廃物質を流します。

基本的にマッサージは、力を入れすぎると逆効果なので優しく指の腹で行います。またこめかみから目の下へ軽く押し、目の下から目の上を通りこめかみを少し押すと血流が正常な状態に戻ります。

溜まった老廃物質が流れることで、たるみによって出来た影が薄くなります。

一番簡単なマッサージ方法としては、目をぎゅっと5秒間瞑って、開く際にも5秒間見開いた状態にするものです。目の周りの筋肉にいい刺激を与えられます。化粧水を塗る際も、目の周りを軽く叩くように塗ると効果的です。日々マッサージを繰り返すことで、かなり変化します。


まぶたのたるみを効果的に解消法方法を動画でご紹介動画アリ

顔の印象をいつまでも若くありたいならたるみには十分気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした




薄毛の対策に!シャンプーの基本とは?

薄毛に悩む男性は案外多いことでしょう。シャンプーの選び方と洗髪方法を改

抜け毛の予防に!女性におすすめの対策7選!

抜け毛で悩むのは男性だけというイメージがあるかもしれませんが、実は、女

薄毛の対策に効果的?知っておきたいサプリメントの全知識!

薄毛に悩んでいる人は、サプリメントによる対策をしてみることをおすすめし

抜け毛の予防はシャンプーで!男性におすすめなシャンプーの選び方とは?

抜け毛や薄毛など、見た目を気にするのは女性だけではありません。男性の中

薄毛対策に!毎日摂りたい食べ物とは?

薄毛対策というと、シャンプーや育毛剤など頭皮への直接ケアに目が行ってし

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑