*

二日酔いにならない為のとっておきの17の対処法とは?辛い翌朝におさらば!

みちょぱ(池田美優)プロデュース!
バニラが香るずっしり濃密泡がぎゅぎゅっと詰まっていて、毛穴・黒ずみ・ニキビ知らずの肌質をキープ!
クリーミュー

Pocket

二日酔いにならないようにお酒を飲んでいても、ついつい飲み過ぎてしまい、翌日グッタリの二日酔い。わかっちゃいるけどやめられないという方にとっておきの対処法をご紹介していきます。人によって効果が違うので自分にあった二日酔い対処法を見つけてくださいね。

泥酔するピジネスマン

今日も飲むぞ!とその前に翌日の二日酔いならない対処法を確認しておきませんか?楽しいお酒も次の日に二日酔いになってしまうと、後悔してしまいますよね。まぁ、また忘れて飲むんですが(笑)次の日に二日酔いにならないならより一層楽しいお酒の席になりますよね。ここでは二日酔いにならない18の対処法をご紹介いたします。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

二日酔い対処の定番ウコン!

二日酔いの定番である「ウコン」

turmeric

飲む前にコンビニでウコンを買って飲むという方もきっと多いのではないでしょうか?ウコンにはクルクミンというポリフェノールが含まれています。アルコールの分解速度を速める働きがあります。ただ、ウコンをたくさん飲むことはよくありませんので、気をつけましょう。

ヨーグルトで二日酔いを対処できる? 

お酒を飲む前に、胃に膜をはっておくと、アルコールの吸収を穏やかにしてくれるので良いということは聞いたことはありませんか。

Fotolia_23328080_XS-min

ヨーグルトも胃に膜をはってくれるので、お酒を飲む30分~1時間前に摂取しておくと効果的です。

〆のしじみの味噌汁

テレビでもすっかり有名になったお酒としじみの関係。

Fotolia_59384442_XS-min

しじみには肝臓の働きを助ける成分が含まれていて、お酒の〆でしじみ汁を飲むと良いということは昔から言われています。しじみに含まれるアミノ酸が、肝細胞の再生、肝臓の解毒作用を活発化させるといわれています。しじみの味噌汁を飲んで、弱った肝臓を助けてあげましょう。

簡単なしじみの味噌汁の作り方

容器にしじみと味噌入れてお湯で溶かすだけで簡単に作ることができますので、二日酔いにならないために是非飲みましょう。

サプリで摂取するならコレ!

Wのオルニチン

イチジクを食べると対処できる?

イチジクも二日酔いにならないためには効果的な食べ物です。

Fotolia_68863037_XS-min

お酒を飲んだ後にイチジクを食べると消化作用を促進させるので二日酔いになりにくといわれています。

寝る前のコーヒー?

二日酔いにならないためには、アルコールを外にだすのがもっとも効果的です。

Fotolia_90348284_XS-min

そこで利尿作用があるカフェインをお酒を飲んだ後に飲むことも有効です。寝る前に飲むことで利尿を促します。砂糖入りのものは飲酒による低血糖にも効果があります。

はちみつも効果的?

実は、はちみつに含まれる「果糖」は、アセトアルデヒドの分解を促進して二日酔いを軽減させます。

Fotolia_42638260_XS-min

果物にも果糖は含まれます。

ネットなどでイチジクとはちみつのレシピなども紹介されていますので、二日酔いの対処法に是非利用してください。

スポンサーリンク

飲む前に牛乳を飲む

ヨーグルトと同じく、胃に膜をはると言われていますので、一気にアルコールが吸収されるのを避ける働きがあります。

Fotolia_63982649_XS-min

胃と小腸で急激に吸収されると、血中のアルコール濃度が上がります。

アルカリイオン水が良いらしい

お酒を飲む時に一緒に水を飲むと良いとされています。

Fotolia_95065477_XS-min

チェイサーと呼ばれるもの。その時飲む水はアルカリイオン水がおすすめ。

アルカリイオン水をチェイサーとして一緒に飲むことで悪い酔や二日酔いを軽減できます。

水素水ならコチラをチェック!

水素水は高濃度が効果的!【お風呂に使って美容にも?】

グレープフルーツもおすすめ!

グレープフルーツは二日酔い対処にもっとも効果的なフルーツといわれています。

 

ビタミンCがたっぷりあり、グレープフルーツの果糖がアルコール分解に役立つといわれています。

寝る前の100%グレープフルーツジュースは二日酔い対処に効果的です。

柿ってとても健康にも良い果物です。

柿は健康にもそして二日酔いにも効果がある果物です。柿の持つカタラーゼという酵素が、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を早めます。またお酒を飲む前にも柿を食べることによって、酔いからの回復も早くなります。是非お試しあれ。

二日酔い対処の定番の薬とは?

二日酔い対策の薬といえば、やっぱりハイチオールCではないでしょうか?お肌の改善などでハイチオールCを飲む女性の方はいますが、二日酔いの対処に対しても効果的なんです。

L-システインが、二日酔いの原因物質アセトアルデヒドを分解してくれます。

最近人気の二日酔い対策アイテムは「ヘパリーゼ」

ウコンからこちらに切り替える人も増えています。体質によって効果に差があるかと思いますが、ヘパリーゼを試したことがない方は是非お試しあれ。

睡眠不足が招く二日酔い

寝不足のときは体調が悪いときと同じように、アルコールの分解能力が半減しています。

仕事で忙しくて寝不足が続き、解放された喜びからつい飲み過ぎてしまって翌日ひどい二日酔いに襲われた、という話をよく耳にすることがあります。

寝不足のときこそお酒は適量にとどめておきましょう。
いつもと同じように飲んでしまうと大変危険です。

体調を整えて飲み会に挑もう!

風邪をひいていたり疲れていて体調が悪いときにお酒を飲むと、アルコールを分解する肝臓の力が低下しているため、体内にアルコールが残りやすくなります。

よく風邪をひいているときこそお酒を飲んで体を温めようとする人がいますが、こういう時に飲むお酒はほんの数量にしておいてください。

つい飲み過ぎてしまうと翌日もっと体調が悪くなってしまいます。

飲む前に食べる。そして食べながら飲む!

飲むときにはあまり食べないという人もいますが、二日酔いにならないためには何か食べておくとよいでしょう。空腹状態でアルコールを飲むと吸収がはやいので要注意。ただダイエットには逆効果ですけどね(笑)枝豆や豆腐などのヘルシーなおつまみならOK。

チェイサーは必須。お酒の分量だけ水を飲む

アルカリイオン水の時にも書きましたが、お酒を飲むときには、水(チェイサー)も一緒に飲むとアルコールが薄まりますので二日酔いにはとても効果があります。お酒と同じ量だけ水を飲むと良いとされています。たくさん水分をとることになるので、脱水や利尿作用もありますので、早く酔いから回復することができます。

二日酔い対処方法最強奥義「ほどほどに」

これをいうと「コナトキお前もかぁ」と言われそうですが、やっぱり自分の限界を超えて飲んでしまうと二日酔いになることが多いものです。次の日に大切な約束がある場合など、絶対に体調万全で翌日を迎えないといけない場合には、節制も大切です。

ほどほどができるようになると結構楽しいですよ。私も年齢を重ねるようになって、ようやくできるようになりました。

二日酔いの対処の最終手段!それは吐くことだ!

もうこれは最終段階ですが、飲んだ後、まだ異にアルコールが残っているなら吐いてアルコールを出すという方法もあります。ただおすすめはできませんが。ただ吸収されてしまったから吐いても意味がありませんのでご注意を。

二日酔いにならない為のとっておきの17の対処法とは?辛い翌朝におさらば!のまとめ

楽しいお酒も翌日二日酔いになってしまっては、その楽しさも半減してしまいます。二日酔いにならないでお酒を楽しむことができれば最高の宴席になりますね。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

二日酔いの対策方法は飲む前に!【効果的なサプリとドリンクは?】

二日酔い対策には飲む前にサプリやドリンクなどを飲む方法や飲むときに効果的な食べ物を食べるなどの対策法

記事を読む




ワキガの対処法まとめ!嫌なにおいを解消しよう!

ワキガになると普通の汗とは異なった強烈な臭いを発します。特に薄着の季節

足が臭い?2つの原因と4つの対策方法!

足の臭いに悩む人は年齢、また性別を問わずに多いですね。靴を脱がなければ

汗が臭い男性必見!汗のにおいは予防できます!

汗の臭いは、体臭や加齢臭と並んで男性の悩みの上位に挙げられるのではない

no image
口臭を防ぐには?対策と予防法まとめ!

口臭は自分ではなかなか気付かないものです。気付かないからこそ、仕事やプ

ハゲの対策は食事から!おすすめ食べ物10選!

ハゲ、男性にとっては恐怖を感じる言葉です。年齢を重ねれば、ほとんどの人

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑