*

足が冷たくなる原因と改善法!【寝れない時の靴下は?】

みちょぱ(池田美優)プロデュース!
バニラが香るずっしり濃密泡がぎゅぎゅっと詰まっていて、毛穴・黒ずみ・ニキビ知らずの肌質をキープ!
クリーミュー

Pocket

足だけが冷たくなる原因は血液循環が悪くなって引き起こる場合がありますが、酷くなってくると痛みが出たり、寝れなくなったりします。足が冷たい時には温めるだけではなくツボやストレッチ、効果的な靴下などで改善していく方法があります。

Fotolia_72902421_XS-min

足が冷たくなる原因は血行不良にあります。年々、冷えで悩む人も多くなっていますが、手先や足先だけ冷たいという場合もあります。足が冷たくて寝れない時もありますので、痛みなどがでない前にツボや靴下で改善していきましょう。

スポンサーリンク

足が冷たい原因は?

冷え性で悩む人は、年々増加傾向にあります。

hurueru-min

近頃では、一年を通して冷え性だと感じている人も多くなっています。

今回は『足』の冷えについてお話ししたいと思います。

足が冷たくなる理由は、まず『心臓から遠い』場所であるからです。心臓がポンプの役割をしていて、血液によって酸素が運ばれます。まずは生きるために必要な内臓に酸素を運びますから、手や足などの末端は後回しになってしまいます。

Fotolia_8075468_XS-min

また、足の筋肉が凝り固まっていて血管を圧迫していると、血の巡りが悪くなります。

Fotolia_70799102_XS-min

ただでさえ足の血液は滞りやすいので、更に血管を圧迫することは致命傷とも言えるでしょう。また、ふくらはぎなどの足の筋肉の低下も、足の冷えを招く原因となっているのです。

足が冷たい時の改善法は?

足の冷えを改善するには、先ほど説明した『原因』を取り除くことです。

  • 車の普及などで、歩く機会が減っていませんか?
  • 階段よりエスカレーターを利用していませんか?

歩くことが少なくなれば、その分足の筋肉も低下していきます。

hihill02-min

また、寒いからと靴下を何枚も重ねて履いたり、ローファーなどの硬い靴やヒール靴は血流が滞る原因となりますので注意が必要です。

kutusita-min

家では薄めの靴下を履く、休みの日はスニーカーにするなど足の休息日を作ってあげましょう。

足が冷たいと、ストーブの前から離れられなかったり、電気毛布を使ったりすると思います。しかし、温めすぎはかえってよくありません。外から温めすぎると、足自らの熱を生み出す力を弱めてしまうのです。

寝れない時には?

足が冷たすぎてなかなか眠れない、なんて経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

まず、ヒトは体温が下がると眠くなります。

つまり、布団に入る前から足が冷えきっている(元から体温が低い状態)と、それ以上体温を下げることが出来ないため、なかなか眠れなくなるのです。

ですから、布団に入る前に体を芯から温めておく必要があります。

atatakai-min

ゆっくりお風呂に浸かったあとに、軽いストレッチをするのが効果的です。

Fotolia_55760995_XS-min

血流が良くなる上、凝りもほぐれるのでおすすめです。

Fotolia_69871819_XS-min

寝る前の激しい運動は、交感神経を刺激してしまうのでやめましょう。

また、布団を予め温めておくのはとても良い方法です。電気毛布やエアコンは、必ず布団に入ったらスイッチを切りましょう。こ

Fotolia_64286343_XS-min

れらの点から考えて、昔からある『湯たんぽ』はとても優れたものであると言えます。

スポンサーリンク

おすすめ靴下は?

『冷えは足元から』と言うように、足の冷えに靴下は欠かせません。

しかし、何枚も重ねるのは血流が滞る原因になるため良くありません。では、どのような靴下を選べば良いのでしょうか。寝るときは、ぴったりしたものや締め付けのあるものではなく、『ゆるめ』のものを選びます。

Fotolia_79414866_XS-min

起きたら脱げてた、というくらいゆるめのものにします。

吸水性に優れ、履き口がゆるめの『ダウンソックス』や、最近話題の『冷えとり靴下』も良いと思います。

冷えとり靴下は、シルクと綿の靴下を重ねて冷えをとるという方法です。

血流を良くするためにも、5本指靴下がおすすめです。

kutusita02-min

ダウンソックスも冷えとり靴下も、値段は少し高めです。効果があるか分からないものに高いお金を払うのは躊躇いますよね。そのときはウールなど、保温性に優れた素材を使った靴下を選んでみてください。

痛くなる時もある?

足が冷たすぎて感覚がなくなったり、時には痛みを感じることもあると思います。

Fotolia_70737991_XS-min

足が冷たくて痛みがあるときは、『冷え性』ではなく別の病気が隠れている可能性があります。例えば、糖尿病の合併症などがそうです。もしも別の病気が疑われる場合は、速やかに医療機関を受診してください。

doctor

冷え性が原因の場合は、冷えている足だけでなく、『体全体』を温めることが大切です。

難しく考えなくて大丈夫です。

体全体を温めるためには、お風呂や運動などでOKです。忙しくても、シャワーで済ませずに湯船に浸かる、適度に体を動かすようにしましょう。運動する時間が取れない人は、軽いストレッチやエクササイズなどを試してみてください。

sutoretti02-min

また、規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めないようにすることもとても大切です。

ツボで改善できる?

足の冷えの解消に効果的なツボを、いくつか紹介します。

Fotolia_81905081_XS-min

ツボと聞くと、主に足の裏をイメージしますが、冷え解消のツボは足の甲側に多く存在します。

  • 太衝(たいしょう):血を増やしたり、冷えを解消するツボです。足の親指と人差し指の中足骨の後端、接合部にあります。
  • 八風(はっぷう):足の冷えや痺れに効果があるツボです。指と指の付け根部分にあり、両足で8ヶ所あります。
  • 公孫(こうそん):親指付け根の横の骨から2cmほど後ろにあります。
  • 隠白(いんぱく):親指の内側、爪甲角から2mmほど後ろにあります。
  • 至陰(しいん):小指の外側、爪甲角から2mmほど後ろにあります。
  • 気端(きたん):足の先端、両足で10ヶ所あります。
  • 行間(こうかん):親指と人差し指の付け根の間にあります。

これらはどれも、足の冷えを改善するのに効果的なツボです。ツボの刺激は、強くやればいいというものではありません。気持ちいいと感じる程度の強さで刺激しましょう。

冬になると冷たくなる時の対策法は?

足が冷たいと感じるのは、夏よりも冬のほうが圧倒的に多いです。

冬は外気温が低いので、体温調節のために肌も冷たくなります。

ある程度は仕方ないこととはいえ、やはり足が冷たいのは辛いですよね。では、どうすれば良いのでしょうか。

まず、足の裏の角質を除去しましょう。

角質が溜まっていると、血流が滞りやすくなります。それから、血流を良くするために足湯やマッサージなども効果的です。足裏からふくらはぎ、上へ上へとマッサージしましょう。

ボディケアする女性

また、血行を促進するために、熱めのお湯に3分浸かり、冷たいシャワーを足にかける、これを数回繰り返すことも良いと思います。温度差を感じることで、血行促進することが出来るのです。

足が冷たくなる原因と改善法!【寝れない時の靴下は?】のまとめ

足だけが冷たいというのは辛いものがあります。冷えが続くと健康にもよくありませんのでストレッチなどで根本からの改善をしていくことがおすすめです。体を温める食べ物もおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

足がだるい原因と解消法は?【朝や夏に起きることも!】

足がだるい原因にはどのような事が考えられるでしょうか。冷えが原因になり血行不良によるむくみや病気でも

記事を読む




ワキガの対処法まとめ!嫌なにおいを解消しよう!

ワキガになると普通の汗とは異なった強烈な臭いを発します。特に薄着の季節

足が臭い?2つの原因と4つの対策方法!

足の臭いに悩む人は年齢、また性別を問わずに多いですね。靴を脱がなければ

汗が臭い男性必見!汗のにおいは予防できます!

汗の臭いは、体臭や加齢臭と並んで男性の悩みの上位に挙げられるのではない

no image
口臭を防ぐには?対策と予防法まとめ!

口臭は自分ではなかなか気付かないものです。気付かないからこそ、仕事やプ

ハゲの対策は食事から!おすすめ食べ物10選!

ハゲ、男性にとっては恐怖を感じる言葉です。年齢を重ねれば、ほとんどの人

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑