*

コラーゲンペプチドの吸収効果は?【口コミでも評判!】

公開日: : 最終更新日:2017/08/16 コラーゲン, ペプチド , , , , , , ,

みちょぱ(池田美優)プロデュース!
バニラが香るずっしり濃密泡がぎゅぎゅっと詰まっていて、毛穴・黒ずみ・ニキビ知らずの肌質をキープ!
クリーミュー

Pocket

コラーゲンペプチドで気になるのは吸収ですが、低分子コラーゲンペプチドは通常のよりも効果が高いといわれています。口コミでも女性を中心に評判なのでドリンクなどでコラーゲンペプチドを摂取してみてはいかがでしょうか。

Fotolia_81114892_XS-min

コラーゲンペプチドは今女性から注目されている成分ですが、通常のコラーゲンとどのような違いがあるのでしょうか?コラーゲンペプチドは吸収力が違うので効果を実感している口コミも多く見かけます。

コラーゲンペプチドとは?

コラーゲンペプチドは通常のコラーゲンを低分子化したコラーゲンのことを指します。

Fotolia_22948166_XS-min

手羽先や豚足などの料理では、コラーゲンが溶けだし料理が冷えると煮こごりとなって固まります。これはコラーゲンの特徴の一つですが、コラーゲンペプチドでは固まることがないのがコラーゲンペプチドと通常のコラーゲンとの違いでもあります。

この固まりにくいという特性から、多くの健康食品や飲むコラーゲンとして利用されています。

Fotolia_46040484_XS-min

通常のコラーゲンでは温度変化により固まりやすく、品質や風味などの変化が起こりやすくなります。

しかし、このコラーゲンペプチドなら、変化することなく品質管理もしやすいことがら多くの商品で利用されているようです。また、コラーゲンペプチドは通常のコラーゲンと比べ低分子化されているため吸収率が高いことも特徴の一つです。

コラーゲンペプチドの効果は?

このコラーゲンペプチドの効果としては、美容に大切なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成を促す働きがあります。

Fotolia_43513885_XS-min

コラーゲンを低分子化したものなのだから、コラーゲンが増えるんじゃないの?と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、コラーゲンペプチドを摂取したからといって直接コラーゲンとして使われるわけではありません。

Fotolia_39417651_XS-min

体の中で真皮の成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作り出すのは線維芽細胞です。

senimesaibou-min

そのため、この細胞が活性化されることで肌に潤いやハリを与えることになります。この細胞を活性化させる働きがあるのが、このコラーゲンペプチドです。直接コラーゲンを増やすことはできませんが、間接的に働いてくれるのがこの成分の効果です。

吸収を増やす!

コラーゲンは体の中で多くはアミノ酸に分解され、一部がこのコラーゲンペプチドとなります。

しかし、始めからコラーゲンペプチドとして摂取することで、コラーゲンペプチドの吸収を増やすことができます。

Fotolia_18729402_XS-min

コラーゲンペプチドの効果は少量でも期待はできるのですが、一定量を毎日摂取することにより確実な効果が実感できます。

効果を実感するためには毎日摂取することと一定量を摂取することが必要になります。この一定量のコラーゲンペプチドを摂取することは食事で困難です。また、毎日コラーゲンを含んだ食材を食べるのは飽きてしまうという方もいるのではないでしょうか。

確実に吸収し効果のある量を摂取するためにもサプリメントや健康食品の利用が便利です。

摂取量はどれくらい?

コラーゲンペプチドの効果を得るには美容目的なら1日5g(5000mg)、骨や関節などの健康目的なら1日10g(10,000mg)摂取することにより効果が期待できるとされています。

この量は毎日の食事から摂取することは難しく、健康食品やサプリメント、ドリンクなどを利用して摂取するのが便利です。

このコラーゲンペプチドの効果というのは、直接的に働く効果ではなく、間接的に働きかけることです。この働きかけは摂取して1日経過すれば効果は消えると考えられ、毎日少しずつでも摂取することが効果的です。

????????

一度に多くの量を摂取するよりも、毎日少しずつでも摂取するほうが効果的と考えることができます。ドリンクなら手軽に摂取でき、おすすめです。

毎日、美容や健康に効果のある細胞に働きかけることで、しっかりと効果が期待できるようになります。

食べ物から摂取するには?

食べ物からコラーゲンペプチドは摂取することができます。コラーゲンを多く含む食材としては、豚足や鶏皮、手羽先や牛すじ、すっぽんやフカヒレ、ウナギなど多くの食材があります。

これらの食材を食べることでコラーゲンペプチも摂取することができます。

ただ、残念ながら摂取できる量は少量です。

Fotolia_68214376_XS-min

コラーゲンは体の中でアミノ酸に分解されると言われ、その中の一部がコラーゲンペプチドです。

そのため、コラーゲンを摂取しても多くがアミノ酸に分解され、コラーゲンのほんの一部がコラーゲンペプチドとして吸収されるため、コラーゲンペプチドを摂取するためにコラーゲンを多く含んだ食べ物を食べるのは効率的ではありません。

体の内側と外側からアプローチ!

”無味無臭””低分子コラーゲン100%”の食べるコラーゲンといえばニッピのコラーゲンです。

体内に吸収されやすい低分子コラーゲン100%の粉末「ニッピ コラーゲン100」は、サッと溶けやすい粉末タイプに仕上げたコラーゲンで、お好きなお料理やお飲み物にとアイディアひとつで使い方が広がります。

コーヒー、ミルク、ジュースなどに入れてお好きなときに手軽に飲むのがおすすめです。

imp

外側からもしっかりアプローチするならコチラ!

肌と同じコラーゲンによる美肌へのパーフェクトアプローチ、健やかな肌へ導く、生のコラーゲン。

独自の技術で超微粒子化したナノコラーゲンが角質層の奥まで浸透し、ハリと透明感を与えます。

imp

是非、ニッピコラーゲンをチェックしてくださいね!

使った口コミは?

コラーゲンペプチドを配合された商品を利用した口コミの中には髪の毛に対しての声も多くあります。

Fotolia_70795959_XS-min

コラーゲンと聞くと肌のシワやハリなどに効果があると考えている方が多くいるのではないでしょうか。

attractive asian woman skin care image

肌のシワやハリなどにも十分な効果が期待できるのですが、この効果は肌だけではありません。

口コミの中には、

  • 「髪がおさまりよく、色つやもおちついた」
  • 「シャンプーの時の抜け毛が大変少なくなった」

など、髪に対しての声がありました。

Fotolia_68429230_XS-min

また、いつも鼻をかむと鼻血が混じっていたのがなくなり、粘膜が強くなったみたい、といったような声もありました。このように、コラーゲンというと美肌効果のイメージが強いですが、肌だけでなく様々な効果が得られるのがこのコラーゲンペプチドです。

当然、効果を感じるのは個人差がありますが、一度試してみても良いかもしれませんね。

この飲むコラーゲンがおすすめ!

実際にコラーゲンを摂取しようとしても、たくさんの種類がありますよね。

おすすめはコレ↓

1本たった84円!森永の飲むコラーゲン【お試し1000円】

おすすめポイントは?

  • 低分子コラーゲンペプチド10,000mg
  • 美容にうれしいセラミド配合!
  • 紙パックで持ち運びやすい
  • ピーチ味で美味しい!!

美味しいことは長く継続するための必須条件です。

コラーゲンペプチドの吸収効果は?【口コミでも評判!】のまとめ

せっかくコラーゲンを摂取するなら吸収力の高い方がいいですよね。美容はもちろんですが、健康のためにもコラーゲンペプチドを摂取してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした




ワキガの対処法まとめ!嫌なにおいを解消しよう!

ワキガになると普通の汗とは異なった強烈な臭いを発します。特に薄着の季節

足が臭い?2つの原因と4つの対策方法!

足の臭いに悩む人は年齢、また性別を問わずに多いですね。靴を脱がなければ

汗が臭い男性必見!汗のにおいは予防できます!

汗の臭いは、体臭や加齢臭と並んで男性の悩みの上位に挙げられるのではない

no image
口臭を防ぐには?対策と予防法まとめ!

口臭は自分ではなかなか気付かないものです。気付かないからこそ、仕事やプ

ハゲの対策は食事から!おすすめ食べ物10選!

ハゲ、男性にとっては恐怖を感じる言葉です。年齢を重ねれば、ほとんどの人

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑