*

口臭の予防はどうする?サプリで予防できる?

★最終セール実施中★デザイン数1,000種類のネットスクウェアの年賀状印刷
年賀2

Pocket

口臭が気になる人の中で、口臭予防のサプリが愛用されるようになってきました。しかし、サプリの効用や仕組みには疑問を持っている人も多いでしょう。ここでは口臭予防サプリの信憑性について、詳しく解説していきます。

口臭は原因で対策も変わる!

口臭の対策を的確に行うためには、臭いの原因を正しく知る必要があります。多くの人が悩まされるのが生理的口臭です。朝起きたり、疲れやストレスを感じたりしたとき、ふだんは大丈夫なのに突然口の中が臭う場合があります。睡眠や緊張は口の中から唾液を奪ってしまうため、歯垢や舌苔独特の臭いが漂いやすくなるのです。

また、渇きは揮発性硫黄化合物(VSC)も誘発します。VSCは悪臭の源となる物質であり、臭いを防ぐにはVSCをコントロールする意識が重要です。

生理的口臭の対策は比較的簡単です。強烈な臭いがすることはまれで、起床時は朝食をとったり、ストレスや疲労感を解消したりすれば臭いもまた消えていく傾向があります。規則正しい生活を実践し続けると生理的口臭も抑えられるでしょう。

食品由来の口臭も代表的なパターンです。ニンニクなどの香辛料や、ニラなどの臭いがきつい食べ物、コーヒーなどの飲み物を口にすると、飲食物の臭いが口内に伝染してしまいがちです。口内をきれいに保ち飲食物が完全に分解されるにしたがって、口臭は消えていきます。

ただし、周囲に臭いで迷惑をかけるようなら、エチケットとして対策を用意しておくのがおすすめです。ガムタブレット、あるいは口臭スプレーなどを携帯しておき、食事の後には使用するように努めましょう。

口腔内のコンディションも臭いを左右する要素です。虫歯や歯周病にかかると、ひどい口臭が引き起こされるケースもあります。虫歯や歯周病は口腔内に雑菌を呼び寄せます。結果、口内環境が悪化し、通常では考えられないほどの臭いが充満してしまいがちです。

また、虫歯になると歯に隙間が生まれ、食べかすがつまりやすくなります。細菌の温床となった食べかすが悪臭を放ち、外部にもれてしまうこともあるのです。口腔内の臭いを消すためには、とにかく毎日の口腔ケアを徹底しましょう。歯磨きやうがいの質を高め、未病という認識を持ち病気を招かない姿勢が肝心です。

内臓の病気によって起こる病的口臭もあります。消化器官のトラブルは、臭いの元になりやすいといえるでしょう。腸にガスがたまると血液に乗って肺まで届き、外部に放出されることがあります。また、胃は免疫を司る器官ともいわれているので、調子が悪くなると口内環境をコントロールできず、雑菌の増殖を許してしまいがちです。

腎臓や肝臓を病んだときも、臭いの原因になる毒素を分解しきれず、体内に蓄積させてしまう可能性があります。内臓のトラブルは自力で治しにくい要因です。不調を感じたらすぐに病院へと向い専門家から的確なアドバイスを受ける必要があるでしょう。

なかなか口臭が治らずに悩んでいる人は、原因を性格に把握できていない恐れがあります。口臭対策のためには自分の生活習慣を振り返り、原因を追究することが大切です。

口臭予防の方法いろいろ

口臭対策では、いきなりおおげさな計画を実行する必要はありません。まずは、自分の口腔ケアを見直し精度を高めていく作業を行っていきましょう。「当たり前の習慣を当たり前にこなす」という対策が大きな効果を発揮します。意外と日常生活でおざなりになっている行為にこそ対策のヒントがあります。

まず、多くの人が見逃しがちな対策が「歯磨き」です。ほとんどの人が毎日歯を磨きますし、それでも口臭が残ってしまうという人は少なくないでしょう。しかし、正しい歯磨きを覚えれば、今まで頑固に思えていた臭いが消える確率も高まります。

歯磨きで気をつけたいのは「強くこすれば汚れも落ちる」という間違った概念です。歯ブラシは丈夫にできているので、強くこすらなくても十分に歯垢や食べかすは除去できます。強くこすりすぎることで逆に歯茎を傷め、歯周病の原因を作っているパターンもありえるのです。

歯磨きでは強さよりも正確さを目指しましょう。親指、人差し指、中指の3本で優しく柄を持ち、細かいブラッシングで歯をきれいにしていきます。このとき、軽く歯茎をマッサージするようにすると、歯茎を鍛えて歯周病予防につながります。

鏡を見ながら歯磨きをする女性

また、うがいにも注意を払いたいところです。十分にうがいができていないと、歯磨きで歯から落ちた食べかすが口内に留まってしまいます。歯磨きと同じくらい丹念にうがいを行うのが賢明です。

歯磨きだけでは歯の隙間の汚れを確実に除去できない人もいます。そんなときに活躍するのが糸状のデンタルフロスです。デンタルフロスを使いこなせるようになると、食べかすや歯垢を落とす精度がいっそう高まるでしょう。ただし、歯ブラシ以上に歯茎を傷つけやすいグッズなので、使用には注意が必要です。

デンタルフロス

親しらずが口臭の原因になっている人もいます。親しらずはななめに生えてくるケースも多く

  • 「虫歯になりやすい」
  • 「周辺に歯垢がたまりやすい」

などの悪影響があります。親しらずで口内トラブルが起こっていると感じるなら、思い切って抜いてしまうと臭いの元を断ち切れる可能性があるでしょう。

口が乾燥しやすい「ドライマウス」の人も口臭に困る傾向があります。体質や病気が原因のドライマウスは根気強い治療が求められますが、ちょっとした癖を意識的に治せば解消できるケースもあります。食事の際、噛む回数を増やすと唾液量が増加して、口の中が潤います。また、口呼吸の癖がある人は鼻呼吸へと切り替えてみましょう。

ストレスによって口が渇きやすくなっている人は、自分の心と上手く向き合う方法を見つければ状況は改善されます。ストレス解消になる趣味を見つける、誰かに話を聞いてもらうなどの方法を行動に移してみましょう。

口臭対策には数多くの手段があり、まずは試してみるのがおすすめです。適切な対策と出会えれば、長年の悩みから解消される可能性が大きくなるからです。

口臭は食べ物で予防できる!

口臭対策としては、飲食物に気をつかうことも重要です。たとえば、クエン酸を多く含んでいる食べ物は、唾液を分泌させる性質があります。結果、ドライマウスが解消されて口内の細菌を減退させてくれます。

タンニンポリフェノールにも殺菌効果があり、臭いの予防に活躍します。

以下、これらの成分が多く含まれた飲食物を挙げていきます。

クエン酸を多く含む食べ物としては「酸っぱい食べ物」につきます。クエン酸入りのお菓子なども販売されていますが、糖分や着色料が含まれているものも多く、口内環境にメリットばかりではないので、強くはおすすめできません。それよりも果物などでクエン酸を摂取する方法がおすすめです。

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • パイナップル

などの酸味が強い果物には大量のクエン酸が含まれています。また、これらのフルーツにはビタミン類や食物繊維も豊富で内臓にもいいとされています。ビタミン類を摂取すると新陳代謝が促され、臭いの元となる毒素がデトックスされるようになります。また、食物繊維消化をサポートしてくれるので、胃腸への負担が軽減されます。

消化器官のコンディションは口臭にも強く影響しますので、クエン酸入りの果物には広い範囲での効用が見られるといえるでしょう。

タンニンやポリフェノールを含むことで有名なのは、

  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶

です。お茶は胃にやさしい成分も豊富で、食事の際に用意しておくのがいいでしょう。特に脂質や油が多い食べ物を食べるときにはお茶と組み合わせるのが賢明です。緑茶に多く含まれるカテキンには殺菌作用もあると言われていますので一石二鳥です。

脂質や油は消化されにくいだけでなく、口臭の源となるアンモニアを生み出す原因ともなります。脂質や油をどれだけ上手に消化できるかは、臭いの元を消すためのポイントです。また、お茶はクセの強い臭いや味がしないので、食物的要因による口臭を誘発するリスクがほとんどありません。自動販売機やコンビニなどでも手に入りやすく、手軽な口臭予防として実践できるでしょう。

ポリフェノールは大豆にも多く含まれています。みそや納豆などの発酵食品には良質のポリフェノールが閉じ込められているので、できるだけ毎日口にする習慣を身につけたいところです。毎朝みそ汁を飲んだり、1日1パックの納豆を食べたりすると、おいしく口臭予防ができるでしょう。

納豆は臭いが強いために口臭の原因と勘違いされがちですが、殺菌効果があるために胃の中に入ってしまえば、それほど強く臭ってくることはありません。ただし、納豆のお供として人気のネギは一時的に口臭の原因となりえるために、歯磨きや食後のガムなどでケアするようにしましょう。

大豆には良質のたんぱく質も含まれており、体調を整えるためにも有効です。口臭対策に大きな効果を発揮する食べ物は基本的に健康全般で力を発揮する食べ物と言い換えられるでしょう。

口臭予防に使えるサプリメントとは?

サプリメント

口臭対策としてサプリメントの効果も注目されています。サプリメントは上手くいけばスムーズに口臭を改善できるアイテムです。サプリメントの仕組みは種類ごとに大きく異なります。

ハーブのような良い匂いのするサプリメントは、体内から悪臭をカバーする役割があります。悪臭を中和させて一時的に臭いを消してしまうサプリメントも存在します。臭いではなく内臓に働きかけるサプリメントは体内環境を整える結果が口臭改善へとつながる仕組みになっています。

いずれのサプリメントにもメリットとデメリットの両方があるので、両方とも把握しつつ自分の症状に合った種類を選別するようにしましょう。口臭予防サプリメントのメリットとしてはとにかく手軽な点です。

口臭対策になる食べ物や飲み物の中には簡単に摂取できないものも数多くあります。たとえば、果物類などは皮をむいたりカットしたりする手間が発生するので「いつでもどこでも」というわけにはいかないでしょう。しかし、錠剤タイプやカプセルタイプのサプリメントなら、職場や旅行先でも気軽に使用できて便利です。

効果の即効性もサプリメントの魅力です。臭いを治すのは長期的な体質改善と切っても切り離せない関係にありますが、サプリメントを使えばとりあえずその場は臭いをカバーできるようになります。ただし、その効果には個人差やサプリメントとの相性があると覚えておきましょう。

サプリメントによって良い匂いを周囲に漂わせるようになれば自身の好感度も上がります。口臭がコンプレックスだった人も仕事や恋愛で積極的になれるきっかけをつかめることでしょう。

デメリットでいえば、サプリメントの中には根本的な体質の治療とは無関係の商品もある点です。「臭いを別の匂いで隠す」タイプのサプリメントは効果がすぐ出る代わりに効き目には制限があり、サプリメントが体内で分解されつくされるとまた臭いがよみがえってしまいます。

また、サプリメントの効果がすぐに分からないケースもあります。体質改善を促すタイプのサプリメントでは、継続性が重視されます。1度や2度使用しただけでは効果を実感しにくいものの、長期にわたって使い続ければ口臭が治っていくパターンが多い傾向です。

しかし、使用している最中は本当に効き目があるのか判断が難しく、仮に相性が悪いサプリメントだとすれば多くの時間と費用をロスしてしまいます。

コスト面も看過できないテーマです。サプリメントは安価で手に入るものも少なくありませんが、継続して購入しているうちに、費用を負担に感じ始める人もいるでしょう。効果があるサプリメントを見抜くには、口コミや評判に惑わされるのではなく自分の口臭の原因や症例と照らし合わせて選ぶ意志が肝心です。

ぴったりのサプリメントを選べたなら、生活が大きく変わっていく可能性も生まれるでしょう。

口臭予防サプリをもっと詳しく!

 

口臭対策サプリメントの中には、使用感がはっきりしているものそうでないものがあります。はっきりしているものに関しては、使用後まもなく口の中が気持ちのいい香りに包まれるようになります。また、周囲にも香りが漂うために、親しい人からも変化を気づいてもらいやすくなるでしょう。

一方、長期的使用で効果を発揮するタイプのサプリメントでは、使用直後に効果が現れるケースは少ないといえます。しかし、周囲の態度が変わったり、自身でも口内に違和感を抱かなくなったりして効果を確認できるときがやって来ます。

サプリメントの主な成分として用いられるのは、ハーブなどから抽出される植物性エキスです。しかし、その用途もサプリメントによって変わっています。たとえば、バラなどの花のエキスは匂いの源として使用されています。悪臭を覆い隠せるだけの強い香りを出すために、サプリメントに含まれているのです。

一方でカテキンやタンニンなどの殺菌性の高い成分は内臓の働きを整えるために使用されています。カテキンやタンニン自体は無味無臭なので、これらの成分がメインとなっているサプリメントが香りを発しないことも多いのです。

サプリメントは飲むタイミングによって効果も変わります。多くの香りを発生させるサプリメントは、飲んでから30分ほどで効果が出るといわれています。大切なデートや会議があって一時的に口臭対策をしたい人は、時間を逆算して飲むとより効果的でしょう。

ただし、ソフトカプセル状のサプリメントは飲んですぐに効果が現れます。飲み方によって効果が出るスピードを調整することも可能です。温かい飲み物と一緒に飲むと錠剤やカプセルが早く溶けて、比較的すぐ香りが放たれるようになるでしょう。

ただし、あまりにも高温の飲み物を用意すると、サプリメントの成分そのものを破壊してしまう恐れがあります。「ぬるい」程度の飲み物が丁度いいでしょう。

サプリメントの使用頻度に関しては、種類ごとの使用上の注意を確認するのが賢明です。あまりにも頻繁にサプリメントを使用するとアレルギーを併発するリスクもあるので気をつけましょう。サプリメントそのものは害のある成分なら使用されませんが、何度も繰り返し飲んでいると体内に免疫が生まれてしまうケースも考えられるのです。

サプリメントの価格もまたさまざまです。1カ月の使用分がパッケージされているもので3,000円前後の商品が目立ちますが、中には1,000円未満の商品もあります。高額のサプリメントほど効用が高いと一概にはいえず、成分や目的によっても価格は変わるといえるでしょう。

また、定期購入やキャンペーンなどで高額サプリメントでも安く買えるときもあります。効用とコストをじっくりと見比べながら、自分に合いそうなサプリメントを選ぶようにしましょう。

手軽なサプリを試してみよう!

口臭対策は地道なプロセスです。「これさえすれば大丈夫」という予防法はほとんどなく、時間をかけて体質や生活習慣を見直す必要があります。ただし、間違った習慣に気づいたり、それを修正したりするのは至難の業であり、強い意識を持って取りくむ姿勢が大切です。

たとえば、基本となる毎日の歯磨きは口臭の原因に直結する重要な工程ですが、小さいころからしみこんでしまった癖を変えるのに苦労する人は多いでしょう。歯磨きに時間をかけない人や強くこすらなければ気がすまない人は、正しいブラッシング方法を身につけるまでに時間がかかるケースもあります。

睡眠時間なども口臭予防では大きな割合を占めています。睡眠時間が短くなると新陳代謝が悪くなり、免疫力が低下します。結果、匂いを引き起こす雑菌を撃退しづらくなり、口臭が進行していく場合もあるでしょう。しかし、分かってはいても仕事が忙しい社会人などは、十分な睡眠時間を確保できずに悩みがちです。

食生活もストレスになりえます。口臭予防のためには香辛料や胃腸に悪いジャンクフードを避けたほうがいいと理解している人は少なくありません。しかし、仕事で時間がなくなってくるとつい目に入りやすいラーメン屋やコンビニで食事を済ませてしまう傾向があります。

「忙しさ」は口内環境の天敵でありながら「忙しさをなくす」ことは困難なので、多くの人がジレンマに苦しんでいるのです。

そのほか、ドライマウスの原因となる「口呼吸」なども意識しなければすぐ繰り返してしまいがちな行為です。口臭予防を緻密にできるようになるには、計画性ももちろんですが、ささいな意識改革を行う必要があります。そして、意識改革には時間を要するケースが少なくありません。こうした状況のひとつの打開策になるのが口臭予防サプリメントだといえるでしょう。

サプリメントは手軽に飲めて、すぐに効果を発揮してくれるグッズです。形状もコンパクトなので、持ち運びにも手間がいりません。忙しい社会人のエチケットとしてサプリメントはおすすめです。

もちろん、サプリメントは万能な商品ではありません。相性が悪ければ効き目が見られない人もいますし、コストを面倒に思う人もいるでしょう。また、サプリメントに依存しすぎるがあまり、肝心の体質改善がおざなりになってしまうパターンもありえます。

口臭の予防はどうする?サプリで予防できる?のまとめ

サプリメントは数ある口臭予防の一環であり、使う状況を踏まえるように意識しましょう。口臭予防には地道な努力が必要ですが時間のない人にとって口臭予防サプリメントはひとつの選択肢となります。注意点を踏まえ、サプリメントとの上手な付き合い方を見出し積極的に使ってみてもよいでしょう。サプリメントを中心に据えるのではなく、日々の口臭予防で手が届かない部分をサプリメントで補うように考えるのが賢明です。やらなければいけないことが分かっていたとしても、すぐに実行できる人は少数派です。サプリメントで日常をサポートしながら、コツコツと口臭対策を練るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

口臭を予防する食べ物13選!これで口臭は解決!

口臭は歯磨きなどをして、ケアをしていても気になってしまうときがありませんか?口臭ケアをしても効果が実

記事を読む

口臭の原因と効果的な対策法は?【ガムやサプリは即効性あり!】

口臭の原因になるのは、口の中の歯垢や内臓が元になっていることがあります。即効性のある対策法はガムやサ

記事を読む

めかぶで体臭・口臭予防!気になる臭いを改善する効果あり!

気になる体臭はめかぶが効果的なんです。 めかぶの成分が嫌な体臭の予防や改善に効果的です。

記事を読む

no image

口臭を防ぐには?対策と予防法まとめ!

口臭は自分ではなかなか気付かないものです。気付かないからこそ、仕事やプライベートで人に会うときに自分

記事を読む

口臭対策にサプリが効く!サプリの基本のまとめ

口臭対策は、クリニックなどで治療してもらう対策から自分でできるガムや食べ物による対策など、さまざまな

記事を読む




口臭の予防はどうする?サプリで予防できる?

口臭が気になる人の中で、口臭予防のサプリが愛用されるようになってきまし

口臭対策にサプリが効く!サプリの基本のまとめ

口臭対策は、クリニックなどで治療してもらう対策から自分でできるガムや食

唾液が臭いのはなぜ?原因と対策のまとめ

唾液の臭い、くしゃみをしたときなどに唾液が臭いと思った経験を持つ人も少

口臭を予防する食べ物13選!これで口臭は解決!

口臭は歯磨きなどをして、ケアをしていても気になってしまうときがありませ

へそが臭いのはなぜ?原因と対策まとめ

へそが臭い・・へそのゴマには何とも言えない臭さがあります。「へそを触る

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑