*

AGAは対策できる!若いうちから始めたい5つの対策方法!

Pocket

AGAは、薄毛の原因の1つとして最近耳にすることが多くなってきた言葉です。AGAは「男性型脱毛症」という意味ですが、実はこのAGAは誰でもなるリスクがあるものだということを知っていますか?AGAになってしまった場合は早めの対処が大切です。「今は大丈夫」という人も自分がAGAになるリスクがないかどうか一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

AGAと間違いやすい脱毛症

AGAは頭部の毛髪が薄くなってくることが主な症状です。その症状の進行具合は、額の生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていくという特徴があります。

しかし、必ずしも薄毛=AGAではありません。毛髪が薄くなる症状にはAGA以外にもさまざまな原因があり、それぞれによって対処法が異なるので、注意が必要です。

AGA以外の脱毛の原因として比較的認知度が高いものに「円形脱毛症」があります。この症状が起きる原因ははっきりと解明されていませんが、一般的には強烈なストレスを受けた時や、自己免疫疾患による影響があるときなどに現れる症状だと言われています。

また、家族内で発生することが多いというデータもあることから、遺伝的な要因もあるのではないかという研究結果もあるようです。対処法としては、一般的な薄毛とは性質が少し異なりますので、皮膚科で診察してもらったり、できるだけストレスをためない生活をしたりすることだといえます。

他にも、頭皮にフケが詰まってしまうことが原因で発生する薄毛があります。

  • 「脂漏性脱毛症」
  • 「ひこう性脱毛症」

と呼ばれるものです。この2つはよく似ており、どちらも大量のフケが毛根につまることで毛髪の成長が妨げられるのが原因と言われています。

異なる点としては、前者が皮脂の過剰な分泌が原因であるのに対して、後者は角質の異常によってかさぶたのようになるぐらい大量のフケが発生するということです。

自分でできる対処法としては、使用するシャンプーに気を付けることだといえます。刺激が強いシャンプーを使うと症状が悪化する恐れがありますので、刺激の弱いスカルプシャンプーを使用し、指の腹で優しく洗うようにしてください。

また、栄養バランスの悪い食生活も症状悪化の原因といわれていますので、

  • ほうれん草や豆類などのビタミンB群
  • 海藻類やキノコ類などの食物繊維

を多く含む食生活をするようにしましょう。

どうしてAGAになるの?

AGAが発生する原因にはさまざまなものが考えられており、「一概にコレ!」というわけにはいきません。

しかし、主な原因として考えられているものは

  • 「男性ホルモンDHT」
  • 「遺伝的要因」
  • 「生活環境の乱れ」

の3つだといわれています。

抜け毛のサイクルのイラスト

「男性ホルモンDHT」は、男性ホルモンの一種であるテストステロンという成分が、5αリダクターゼという酵素の働きによって変化して生成されます。

テストステロンというホルモンは、筋肉の増大や骨格の幅や厚みといった男性特有の身体的特徴を生成し、さらに発毛の促進までしてくれる大変ありがたいものです。

しかし、このテストステロンが変化したDHTは、なんと、

毛乳頭細胞の受容体と結合することで毛髪の成長を阻害する悪いホルモンに代わってしまう

ことがあり、薄毛につながるといわれています。

次に「遺伝的要因」についてですが、昔から都市伝説のようにいわれている原因です。実際に遺伝の影響はあると考えている研究者もいるようで、一説ではDHTが作用することで薄毛を引き起こすアンドロゲンレセプターと呼ばれる遺伝子が髪の毛のX染色体上にあるといわれています。

この遺伝子を引き継いでいる人は薄毛になりやすいと言え、実際に髪の毛のX染色体上のアンドロゲンレセプターの状態を調べることで知ることもできます。

「生活環境の乱れ」については、睡眠不足や喫煙、過度のストレスによって毛髪に大切な栄養素を運ぶ血流が悪くなったり、成長ホルモンの分泌が乱れたりするのが原因で薄毛になるといわれています。

AGAになる原因はさまざまですが、これらの要素が複合的に絡み合ってなることが多いといわれているのです。

AGAの対策は生活習慣が基本!

AGAになる原因にはさまざまなものがありますが、自分でできる対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず、大事なポイントとしては「飲酒や喫煙はしない方が良い」ということです。

喫煙をしている人の髪の毛は

  • 「毛が細い」
  • 「ツヤやコシがない」

ということを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

喫煙をすると髪の毛に必要なビタミンBやEが大量に消費されるので、髪の毛まで届きません。また、タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる効果があるので、やはり大切な栄養素が髪の毛まで届かなくなるのです。

他にもタバコに含まれるアセトアルデヒド肝臓の機能の低下を招き、栄養素の分解に影響を与えるともいわれています。

飲酒も喫煙同様にアルコールを分解する時に肝臓に負担をかけます。また、アルコールの分解の場合にはシスティンやメチオニンといったアミノ酸を消費するため、さらに薄毛を進行させてしまうといわれています。

実はこれらのアミノ酸は髪の毛のたんぱく質を形成するのに大事な成分です。アルコールを分解するのに肝臓で使われれば使われるほど、髪の毛の生成に使われるアミノ酸の量が減ってしまうため、薄毛につながるといわれています。

食生活は大丈夫?髪に大切な栄養分とは?

髪を成長させるためにはしっかりとした栄養をとることが大切です。脂肪や糖質が多いような食生活を送っていると、血行が悪くなるため頭皮環境が悪化してしまいます。そのため、薄毛が気になり始めたら、基本的には高たんぱく低カロリーの食事を心がけることが良いといわれています。

髪の毛の主成分はたんぱく質で、その割合は95%にも上るといわれています。そのため、たんぱく質をとることは髪の毛にとって非常に重要です。

たんぱく質はアミノ酸が結合してできるもので、主にシスティングルタミン酸などから作られています。特に大切なシスティンは赤身魚や牛肉に多く含まれているといわれています。

また、ビタミン類も髪の毛に大切な栄養素です。

  • ビタミンCやビタミンEには血液の循環を良くする効果
  • ビタミンBには頭皮の新陳代謝を助ける効果

があるといわれているのです。

  • ビタミンCはレモンやアセロラ、ピーマン
  • ビタミンEはうなぎやアユ
  • ビタミンBは豚肉やレバー

などに多く含まれています。

他にも亜鉛ヨウ素などのミネラルも髪の毛の成長に重要な栄養素だといわれています。新陳代謝を活発にする機能があるといわれるヨウ素は、海藻や魚介類に多く含まれます。

亜鉛にはテストステロンがDHTに変換されるのを防ぐ効果があると言われております。

亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれていますので、薄毛に悩む方は試してみてはいかがでしょうか。

育毛シャンプーで頭皮環境を清潔に!

ヘアーケアアイテムのイラスト

頭皮環境を整えるために比較的簡単に行える手段として

「使っているシャンプーにこだわる」

というものがあります。通常市販されているシャンプーは洗浄力を高めるために刺激の強い成分が使われていることがあるため、かえって頭皮環境を悪化させることがあります。

しかし、育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーは頭皮に優しい成分で作られており、頭皮環境を改善させる効果を期待できるのです。

シャンプーには大きくわけて

  • 「高級アルコール系」
  • 「石けん系」
  • 「アミノ酸系」

の3つがあります。

これらのうち、「高級アルコール系」「石けん系」は洗浄力が強く、また脱脂力と呼ばれる頭皮の油を落とす力が強すぎるため、頭皮を乾燥させてしまうことがあるのです。

そのため、薄毛が気になる人は洗浄力が強すぎないアミノ酸系のシャンプーを使う方がよいといわれています。

また、洗い方にも注意をする必要があります。薄毛の人の中には、ついつい余分な脂分を落とそうとしてガシガシと力を入れて頭を洗う人がいますが、それはよくありません。

頭皮を傷つけてしまったり、頭皮に必要な脂まで落としてしまったりすることがあるからです。

正しいシャンプーの方法は、

指の腹で優しく頭皮をマッサージするぐらいの力

で行います。力の入れすぎには注意しましょう。

頭皮マッサージでAGA対策!

シャンプーと同様に頭皮マッサージをすることで、頭皮環境を良くすることができる場合があります。

頭皮マッサージをする男性のイラスト

頭皮マッサージをすることで頭皮が柔らかくなるため、

  • 血行が良くなる効果
  • 毛穴に詰まった脂を押し出す効果

が期待できるからです。頭皮マッサージは、シャンプーや育毛材を使用する時に行うとさらに効果が上がるといわれています。

別々に行うよりも時間を短縮することもできますので、まとめて行うとよいでしょう。

頭皮マッサージを行う時は、入浴時または入浴後すぐがオススメだといえます。入浴することによって血行が良くなっていますし、お湯で頭皮が潤っているからです。頭皮マッサージにはさまざまな方法がありますが、どの方法にもいえることは頭皮に爪を立てず、指の腹で行うようにするのがポイントです。

「上手くマッサージができない」、「どうやってマッサージしてよいか分からない」という人は頭皮ケア用のブラシを使ってみるのもよいでしょう。トントンと頭皮を軽く刺激するだけで、マッサージと同等の効果が得られるものがあります。

ただし、どの方法でマッサージを行うにしても、強い力で長時間行うと頭皮を痛める原因にもなりかねません。そうすると逆効果になることがありますので注意して行うようにしてください。

育毛剤や育毛サプリで対策!

薄毛で悩んでいる人の中には、「AGA対策として食生活を見直すことが大切なのはわかっていても、行動に移すのが難しい」と思っている人もいるのではないでしょうか?そのような時は育毛サプリメントを試してみるという方法もあります。

育毛サプリメントには

  • たんぱく質
  • ミネラル
  • ビタミン類

バランスよく含まれているので、髪の毛に必要な栄養素を簡単に摂取することが可能です。

また、育毛サプリの種類によっては、

抜け毛に繋がるDHTホルモンの生成を抑える「イソフラボン」「カプサイシン」といった成分

が含まれているものもあるので、これも育毛サプリメントを飲むことのメリットだといえます。

ただし、育毛サプリを飲んでいるからといって喫煙や飲酒を同じようにしてしまうと、せっかく摂取した栄養素が髪の毛に届かなくなりますので注意が必要です。

身体の中からではなく、身体の外から直接的に行うAGA対策として代表的なものに育毛剤を使用するという方法があります。育毛材を使用することで、血行促進効果頭皮環境の改善といった効果が期待できます。

ただし、育毛剤という名前の通り、必ず髪の毛が生えてくるとは限りません。あくまでも育毛の手助けになるということですので、その点はよく理解した上で使用するようにしましょう。

専門医のAGA治療とは?

AGAを自分の力では対処できないような時は、AGA専門医がいるような診療機関を受診するという方法もあります。

AGA治療は主に

  • 「薬の処方」
  • 「メソセラピーによる治療」

の2つです。

前者については、

  • 主に外用薬の「ミノキシジル」
  • 内用薬の「フィナステリド」「デュタステリド」

といった薬が使用されます。ミノキシジルは血管を広げる作用があり、本来は高血圧で悩む人用に開発された薬です。

これを投与された人間は毛が増えるという副作用が発見されたことによって、AGA治療の薬として使用されるようになりました。

内用薬の2種類については、脱毛を促進するDHTの生成を抑制する効果があるとされている薬です。どちらも1日1回、6カ月間服用して効果があるかどうか判断することとされています。

後者の「メソセラピー」は、

発毛に必要な成分をレーザーや超音波を使って頭皮に直接浸透させる治療方法

です。短期間で効果を実感したいという人や、植毛をすることに抵抗があるといった人に行われている治療方法の1つです。

どちらの治療方法にもメリットとデメリットがありますので、悩んでいる人はまず専門医に相談してみるようにしましょう。

AGAは早めの対策がおすすめ!

AGA対策は早めに行う方が良いといわれています。早めに対策をとることで薄毛が広がる前に食い止めることができることはもちろん、毛母細胞の寿命を迎える前に対処することができるからです。

髪の毛の元になる細胞を毛母細胞と呼びますが、一般的に毛母細胞は40回から50回程度しか分裂しないといわれています。つまり、多くても50回程度分裂したらそれ以上分裂することはせずに、髪の毛は生えてこなくなるということです。

髪の毛が生えてから抜けるまでのヘアサイクルは通常2年から6年程度だと言われています。そのため、最悪でも2年×40回で80年は髪の毛の寿命はある計算です。しかし、AGAになってしまった人はこのヘアサイクルの期間が短くなっています。通常2年以上あるサイクルが半年になってしまうこともあるので、このまま放っておくと髪の毛の寿命が早まってしまうのです。

AGAは対策できる!若いうちから始めたい5つの対策方法!のまとめ

AGAへの対策が遅くなればなるほど髪の毛の寿命が縮まり、結果的に対処しても手遅れになってしまう可能性があるといえます。ここまで述べてきたようにAGAになる原因は遺伝的要素もあるといわれていますが、食生活や生活習慣の乱れによって誰でもなる可能性があるものです。対策が遅れれば遅れるほど治りにくくなりますので、「少し髪の毛が薄くなってきたかな?」と思ったら、早めに対処するように気を付けましょう。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

てっぺんハゲの可能性をチェックする13のポイントとは?【今から対策!】

てっぺんハゲは誰しもなる可能性があり、多くは遺伝や生活環境によるものとされていますが、遺伝だからと諦

記事を読む

頭頂部はげの原因と効果的な治療法は?【髪型で対策】

頭頂部はげに悩む男性には是非みてほしい。高い確率で回復してくる治療法があります。はげてから対策するの

記事を読む

抜け毛の悩みは国民病!?抜け毛の原因と対策まとめ

抜け毛は男性にとって宿命ともいえる症状です。年齢や遺伝によって避けることのできない抜け毛は、多くの日

記事を読む

薄毛の対策に効果的?知っておきたいサプリメントの全知識!

薄毛に悩んでいる人は、サプリメントによる対策をしてみることをおすすめします。サプリメントは日頃の食生

記事を読む

生え際後退の原因は薄毛?即効で抜け毛予防と育毛促進!

おでこの髪の生え際が何となく後退しているかも、またおでこが広くなった感じがする、そんな感じがしたら要

記事を読む

抜け毛の対策に有効なシャンプーとは?市販のシャンプーでも対策できる?

抜け毛対策のためには、まずシャンプーにこだわりたいところです。しかし、さまざまな種類がある市販のシャ

記事を読む

薄毛の対策に!シャンプーの基本とは?

薄毛に悩む男性は案外多いことでしょう。シャンプーの選び方と洗髪方法を改善し、頭皮環境を整えることは薄

記事を読む

うす毛治療のAGAの効果とは?副作用はある?

「あれ?最近うすくなってきた?」 男性ではこのようなことを一度でも思ったことをある人も

記事を読む

鏡を両手で持ち抜け毛が気になっている男性のイラスト

抜け毛の予防に!知っておきたい食べ物&メニューとは?

抜け毛が気になるからといって、シャンプーや育毛剤ばかりに目がいっていませんか?実はあなたの抜け毛、食

記事を読む

頭頂部はげには前兆があった!【体験談】危険なサインはコレだ!

頭頂部はげになってしまうのは避けたい。まるでかっぱのようなヘアースタイル。はげの原因は多くは遺伝です

記事を読む




薄毛の対策に!シャンプーの基本とは?

薄毛に悩む男性は案外多いことでしょう。シャンプーの選び方と洗髪方法を改

抜け毛の予防に!女性におすすめの対策7選!

抜け毛で悩むのは男性だけというイメージがあるかもしれませんが、実は、女

薄毛の対策に効果的?知っておきたいサプリメントの全知識!

薄毛に悩んでいる人は、サプリメントによる対策をしてみることをおすすめし

抜け毛の予防はシャンプーで!男性におすすめなシャンプーの選び方とは?

抜け毛や薄毛など、見た目を気にするのは女性だけではありません。男性の中

薄毛対策に!毎日摂りたい食べ物とは?

薄毛対策というと、シャンプーや育毛剤など頭皮への直接ケアに目が行ってし

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑