*

カミソリ負けのブツブツ治療法は薬だけ?【女性必見!】

公開日: : 最終更新日:2017/07/27 カミソリ負け , , , , ,

★最終セール実施中★デザイン数1,000種類のネットスクウェアの年賀状印刷
年賀2

Pocket

女性の方でカミソリ負けに悩む方も多いのではないでしょうか。ムダ毛を処理する簡単な方法はカミソリを使って処理する方法ですが、それによって肌が負けてしまい、ヒリヒリしたり湿疹のようなブツブツが出てしまうことがあります。

kamisori

女性もカミソリ負けになる事があります。決して男性だけではありません。特に顔や手の甲などは皮膚が薄いのでカミソリの刺激に負けてしまい、ヒリヒリしたりと痛みが生じることができます。そんな時におすすめの薬や治療方法をご紹介しております。

下部で「わずか5分でスベスベ」になる除毛クリームをご紹介しています。今すぐチェック!

スポンサーリンク

女性のカミソリ負けを起こしやすい場所とは?

女性のカミソリ負けを起こしやすい場所はやっぱり顔です。

これは男性と同じですね(参考⇒カミソリ負けにならない6つの対策法は?【かゆみやヒリヒリなし!】

woman worries about dry rough skin

カミソリ負けは、肌がカミソリに負けてヒリヒリしてしまう症状なので、顔の薄い皮膚はカミソリ負けしやすい場所だと言えます。

私は顔のなかでも、頬の上がカミソリ負けしやすいです。

頬骨がちょうどでているあたりなんですが、無駄毛を処理しようと思ってカミソリをいれると、ヒリヒリしやすいです。また、手の甲もカミソリ負けしやすいです。

tenokou

親指辺りの甲は、肌の上からでも骨が触れます。

そのため、カミソリで無駄毛を剃ると骨がカミソリに当たるのが分かります。だからカミソリ負けしやすいです。

女性は、男性に比べて無駄毛を処理する場所が広いです。
男性はヒゲを剃るだけですが、女性は身体中の毛を剃ります。

だから自然と皮膚が薄い部分にもカミソリをいれてしまい、カミソリ負けを起こしやすいのです。

女性のカミソリ負けを起こしやすい場所は、皮膚が薄い場所です。そういった場所にカミソリをいれる場合は、慎重になりましょう。

カミソリ負けにはコチラ⇒ひざ下カミソリ負け・ブツブツケア用シルキークイーン

参考レビュー⇒シルキークイーンはひざ下トラブルの救世主!使用感をレビュー!

女性のカミソリ負けの症状とは?

女性のカミソリ負けの症状は、ヒリヒリした痛みがあります。
赤いぶつぶつができる事もあります。

私の場合は、カミソリ負けしたところが擦れたような感じになり、ヒリヒリします。

無駄毛の処理をする時は女性用の小さいカミソリを使っています。たぶん、眉や顔の無駄毛を剃るためのカミソリです。なので、あんまりカミソリ負けをするほど大きな刃ではありません。しかし、ヒリヒリして擦れたような跡ができてしまいます。

男性だと、ヒゲを剃った跡に血豆ができたり、その血豆から血がしばらく出ていたりという事はあるかと思います。

女性でも、こういった血豆がカミソリ負けでできてしまう時もあります。

しかし、女性の場合は男性のヒゲ剃りと違って、シェーバーでジョリジョリとヒゲを剃る事はありません。だから血豆までなる事は少ないんじゃないかと思います。女性のカミソリ負けの症状は軽く、ヒリヒリと赤くなる事が多いです。男性はズキズキ痛いのですが、女性はヒリヒリ痛いんです。

スポンサーリンク

おすすめの薬とは?

女性のカミソリ負けに使う薬は、オロナインがオススメです。

私はカミソリ負けをしたところにオロナインを塗ると、肌が保湿されている感じがして、ヒリヒリが治ります。オロナインはベタベタしているため、それが保湿効果があるのかもしれません。しかし、もしベタベタが気になるならばオロナインを塗った上から絆創膏を貼るといいです。

bansouku

するとベタベタは気になりません。ただし、絆創膏のテープの部分にオロナインがついてしまうと、途端に粘着力が落ちてしまいます。だから、オロナインを塗ってある場所が絆創膏の中心にくるようにして、テープの部分にはオロナインがつかないようにしましょう。

オロナインは、女性のカミソリ負けだけに使う薬ではありません。

傷ができてしまった時や、あかぎれにも使えます。なんでも使えるため、家庭に一個はあった方がいいです。

オロナイン以外にも、保湿力があるクリームを塗ると、私のヒリヒリは治りやすいです。
クリームを塗って、一日も経てばすぐに治ります。

効果的な治療方法とは?

女性のカミソリ負けの治療法は、クリームなどの塗り薬が主流です。

カミソリ負けをしているという事は、ようは炎症しているという事なんです。

だから、炎症を抑えるクリームを塗るといいです。

nurigusuri

それは市販で売られているものでもいいし、皮膚科に通ってもいいです。私の子どもは、炎症を抑える薬としてロコイドやプロペト、ワセリン、ステロイドなどが入っている薬を医者で処方されました。

季節や医者によって配合される薬は違いますが、子どもの薬をカミソリ負けしたところに塗ると、治った事があります(笑)

女性のカミソリ負けの治療法は、脱毛という手もあります。
脱毛ならば、肌がきれいになるというメリットもあります。

市販のクリームを使う、医者で処方されたクリームを使う、脱毛するとどれがいいかは、その人の考え方次第です。市販のクリームだと肌が荒れやすいならば、医者に処方してもらった薬がいいと思います。また、お財布に余裕があったら、脱毛でもいいと思います。

ブツブツになっちゃう?

女性のカミソリ負けでも、赤いブツブツは現れます。

よく、男性がアゴの辺りに赤いブツブツとしたニキビみたいなものがある人を見たことがありませんか?

ニキビに見える時もありますし、虫刺されに見える事もあります。

実は、あれはカミソリ負けなんです。

カミソリでできた小さな傷に細菌が入り込んでしまい、それが赤く炎症してしまってるんです。その炎症は男性だけではなく、女性にも現れます。

こういった赤いブツブツができないようにするためには、カミソリの刃をチェックしましょう。カミソリの刃が錆びて、剃りが悪いとカミソリ負けになってしまいます。また、カミソリを使う前に洗顔すると、肌の汚れが取れてカミソリが滑りやすくなります。

kamisori

女性のカミソリ負けで赤いブツブツができてしまうと、ファンデーションでも隠せないですよね?だから、ブツブツができないように気を付けるしかないんです。そのためにも、カミソリの刃をチェックしたり、洗顔したりなどの事前準備を怠らないようにしましょう。

カミソリ負けにはコチラ⇒ひざ下カミソリ負け・ブツブツケア用シルキークイーン

シェーバーでもカミソリ負けになる?

カミソリ負けについて説明しましたが、シェーバーでもカミソリ負けになるんでしょうか?
答えはイエスとノーの半々です。

syeba

カミソリ負けをしないようにするには、シェーバーを使うのがいいのは事実です。
シェーバーの刃は鋭く、切れ味がとってもいいのが特徴です。

切れ味がいいと、無駄毛をスッと剃る事ができます。そのため、カミソリの刃が肌を傷つける事は少ないんです。

しかし、シェーバーの刃だって金属なので、いつかは酸化します。お風呂場に置きっぱなしになっているシェーバーが、茶色い錆びに犯されているのを見たことがありませんか?あれと一緒です。つまり、シェーバーでも刃が錆びていればカミソリ負けする事はあるんです。

だから、シェーバーだからと安心しないで刃が錆びていないかのチェックは必要です。
刃が錆びていたら、新しいシェーバーに交換しましょう。

また、カミソリの刃が滑りやすくするためには徐毛クリームを塗ってからカミソリで剃るといいです。

参考⇒除毛クリームの効果的な使い方と注意点!【男性のヒゲも?】

除毛ローションならこれがおすすめ!

カミソリでムダ毛を手入れするのは早いからという方は是非チェックしてください!なんとたった5分でスベスベに?その詳細はコチラ↓

豆乳ローション

カミソリ負けのブツブツ治療法は薬だけ?【女性必見!】のまとめ

カミソリ負けになってしまうとヒリヒリして、しかも赤いブツブツにもなってしまいます。女性の方は肌をキレイに保つためにも、カミソリ負けは起こさないようにしなければなりませんね。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした




口臭の予防はどうする?サプリで予防できる?

口臭が気になる人の中で、口臭予防のサプリが愛用されるようになってきまし

口臭対策にサプリが効く!サプリの基本のまとめ

口臭対策は、クリニックなどで治療してもらう対策から自分でできるガムや食

唾液が臭いのはなぜ?原因と対策のまとめ

唾液の臭い、くしゃみをしたときなどに唾液が臭いと思った経験を持つ人も少

口臭を予防する食べ物13選!これで口臭は解決!

口臭は歯磨きなどをして、ケアをしていても気になってしまうときがありませ

へそが臭いのはなぜ?原因と対策まとめ

へそが臭い・・へそのゴマには何とも言えない臭さがあります。「へそを触る

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑