*

高校生のハゲは改善できる?原因と対策方法!

わきが、皮膚汗臭(足のニオイなど)、制汗ならクリアネオ


クリアネオ
Pocket

高校生のハゲ、多くの人が未成年のうちに頭髪の問題と直面する可能性は低いだろうと考えていると思います。でも、高校生でも薄毛に悩む人は少なくないのです。高校生の段階で薄毛になってしまった人はたいへんショックを受けてしまいますが、ここでは高校生の薄毛対策について解説します。

スポンサーリンク

油断できない!高校生でもハゲる可能性はある!

高校生でもハゲ始める人は珍しくありません。原因はさまざまですが、多くの男子高校生が薄毛に悩んでいます。高校生は本来、成長期の最中にあるはずの年代です。ホルモンの分泌量が増え、体つきがたくましくなり、大人になるための準備が完了に向かっていきます。

そんな高校生の段階でハゲてしまうことは、本来的には望ましくない事態だといえるでしょう。早い段階での原因解明が求められます。また、大人になれば身体的なコンプレックスを抱いている人に対し、周囲が気をつかってくれるようになりますが、高校生ではデリカシーのない対応を受けることもあります。

友人や大人たちから心ない言葉をかけられてしまい、傷ついてしまう人もいるでしょう。ただし、高校生でハゲることが決して悪いことではありません。ハゲは体質や病気など、本人では予防しにくい原因で起こることが多い症状です。薄毛の傾向が現れたからといって、後悔や自虐に走らないよう、気を強く持つことが大切です。

そして、薄毛が何らかのサインである可能性もあります。健康を害していたりストレスが溜まっていたりしていたら、抜け毛が激しくなることもありえるので、自身の心身と向き合うことが大切なのです。

むしろ「自分にはハゲる可能性があったのだ」と早い段階で気づけてよかったともいえます。薄毛は早くから対応することで改善することもできますし、将来的なハゲの進行を食い止めるチャンスでもあるのです。決して落ち込む要素ばかりではないでしょう。

高校生に見られるハゲの種類

男子高校生のハゲは、ほとんどが男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるタイプの症状だと考えられます。AGAは一般的に成人男子が襲われる症状とされていますが、体質や生活習慣などによって高校生以下の未成年でも起こることがあります。若くしてハゲてくることを若年性脱毛症といいます。

高校生のハゲを改善するためには、自分がどんなタイプのハゲ方をしているのか知ることが重要です。人によってはハゲの部分から目を背けたい気持ちもわくでしょうが、適切な改善策を立てるためにはしっかりと向き合うようにしましょう。

高校生のハゲで多いのは

  • M字型
  • U字型
  • O字型

です。いずれもハゲの形状をアルファベットの形に例えています。

M字型ハゲは前髪の両サイドが後退し「M」のように見える現象です。

日本人に多いハゲ方がU字型で、生え際の髪の毛が全体的に後退していく現象です。U字型ハゲは髪型などで誤魔化すことが難しく、高校生にとっても思い悩んでしまう種類となります。

O字型は頭頂部の毛が薄くなっていきます。俗にいう「カッパハゲ」であり、自分では気がつきにくい箇所だけに、気がついた瞬間のショックが大きいハゲ方です。

この他にも、円形脱毛症のように一部だけ毛が抜け落ちていくような現象も見られます。ハゲは一時的な症状であることも少なくありませんが、放置しておくとますます悪化してしまうことが大半であり、高校生は自分のハゲ方に適した治療法を見つけることが重要です。

高校生がハゲる7つの原因

「高校生なのにハゲる理由が分からない」という人もいるでしょう。しかし、男性ならではの原因から、若年層にありがちな原因まで、さまざまな事象がハゲを引き起こしてしまうのです。

7つの原因にまとめるとすれば1つ目遺伝などの先天的な要素が考えられます。ただし、後天的な原因でハゲが現れることも少なくありません。

2つ目に、男性ホルモンの過剰分泌も原因として挙げられます。ホルモンの量がハゲに直接関係することはないのですが、ホルモンはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質の原料となります。そして、DHTには抜け毛を促す働きが発見されているのです。

ストレスや生活習慣の乱れも3つ目、4つ目の大きな原因です。精神状態が乱れたり、夜ふかしや偏食で体に負担をかけたりすると頭皮の状態が悪化します。頭皮が乾燥し、硬くなることで毛根にダメージが加わり、新しい毛髪が生えにくくなってしまうのです。

5つ目として栄養素の不足も頭皮の状態に影響を与えます。高校生はファストフードやお菓子を食べ過ぎてしまいがちですが、体に悪い添加物が蓄積される一方で、必要な栄養素が摂取されないため、ハゲへとつながってしまうのです。

6つ目、意外なところではスマホ、パソコン、ゲームによる眼精疲労も原因の一つとされています。目が疲れると頭皮への血行が悪くなり、ハゲが引き起こされることがあります。

最後の7つ目ですが、ハゲに悩んで過剰なヘアケアを行うのも逆効果です。焦って大量に育毛剤を使用したり、強い力でシャンプーしたりしても頭皮の状態はかえって悪化する可能性もあります。正しい対処法を冷静に続けることが重要です。

高校生のハゲ対策は食生活の改善が基本!

高校生は成人よりも代謝がよく、栄養素の働きがすぐ反映されやすい傾向があります。つまり、無理をしてお金のかかった薄毛対策をしなくても、生活習慣を正して食生活を改善すれば、薄毛対策になるケースもあります。

薄毛対策として食べたい栄養素の代表格が「たんぱく質」です。良性のたんぱく質は髪の元になるだけでなく、頭皮の細胞も生み出します。良性のたんぱく質といえば欠かせないのが大豆類でしょう。特に発酵食品である納豆は、たんぱく質以外にもイソフラボンが豊富です。イソフラボンは男性ホルモンの分泌を制御してくれる効用があります。

たんぱく質たっぷりな高野豆腐もおすすめの食材です。高野豆腐にはたんぱく質と同じく髪の原料になる亜鉛も含まれています。また、毛細血管を拡張するビタミンEもあり、血のめぐりを良くして、頭皮に血液が行き渡るのを促進します。

野菜が嫌いだった人は、積極的に食べるように心がけましょう。野菜には頭皮を丈夫にしたり、新陳代謝を活性化させたりするビタミンが含まれています。特に緑黄色野菜にはビタミンが多く、肉や魚を食べるときには必ずサラダを添えるなどの工夫を行いましょう。

レモンなどの柑橘類に含まれているビタミンCも薄毛対策に効果アリです。ビタミンCは健康的な毛髪を作るコラーゲンをサポートする健康成分です。また、ストレス解消にも良いとされており、薄毛で思い悩んでいる人にぴったりです。

何より、これらの食材を好き嫌いなく食べることが、一番の薄毛対策となるでしょう。

睡眠時間を確保!規則正しい生活を!

高校生の生活習慣の中で、偏食と並び髪にダメージを与えているのが夜ふかしや睡眠不足です。規則正しい睡眠習慣を身につけ、一定の睡眠時間を確保することで薄毛対策を行えます。

睡眠が髪にとって重要なのは、頭髪の生成に重要とされている成長ホルモンが分泌されるのが睡眠中の午後10時から午前2時ごろだからです。つまり、その時間帯にしっかりと眠っておかないと成長ホルモンが少なくなり、髪の毛が生えにくくなってしまいます。

また、ストレス解消のためにも睡眠は重要です。睡眠は体を休めるだけではなく、脳を安め、ストレスをリセットして新しい気持ちで次の日を迎えるための儀式です。睡眠不足に陥るとストレスが蓄積されていき、頭皮に悪影響が起こります。

正しい睡眠を取るためには早寝早起きのほか、ささいな心がけで質を高めることも可能です。たとえば、寝る直前の夜食をやめてみましょう。高校生は育ち盛りなので深夜帯でもお腹が減るものですが、寝ている間に消化活動を行なうと、体力が胃に集中してしまい、新陳代謝やホルモン分泌が少なくなってしまいます。

髪に体力を集中するためには、新しい食べ物が胃にない状態で寝るようにしましょう。布団に入る時間を早くすれば、深夜の空腹を避けられます。また、寝る前のスマホやゲームは脳神経を刺激し、深い睡眠を阻害します。深夜にスマホやゲームをするのはやめて、布団に入ったらリラックスして眠ることに集中しましょう。

頭皮マッサージを試してみよう!

発毛のために積極的に行いたいのが頭皮マッサージです。頭皮マッサージとは、頭皮に刺激を与えることで毛細血管を刺激し、頭皮の血流を良くする方法です。また、硬化した細胞をほぐし、髪が生えやすい土壌を築く効用もあります。

毛根に詰まった汚れや皮脂をかき出す目的もあり、メリットの多い薄毛対策だといえるでしょう。お風呂上りなど、細胞がやわらかくなっている時間帯に行うのがおすすめです。

頭皮マッサージをする男性のイラスト

頭皮マッサージでは指先を使って、頭皮全体を丹念にマッサージしていきます。頭皮の表面だけでなく、毛根にまで力が加わるよう意識して指を動かしましょう。

ただし、頭皮マッサージでは間違ったやり方があるので、注意が必要です。たとえば、力を入れすぎてマッサージを行うと逆効果です。頭皮の細胞や毛細血管は非常に繊細で傷つきやすい性質です。そのため、力が入りすぎると破壊され、余計に頭皮の状態が悪くなってしまいます。

自分で「気持ちいい」と思える程度に、適度に力を抜いてマッサージするようにしましょう。また、ブラシなどの道具も力が調整しにくくなるのでおすすめできません。爪を立てるのも間違った方法であり、あくまでも指先で行うことを意識します。

頭皮マッサージは効果が大きい薄毛対策ですが、長時間行っても頭皮を疲弊させてしまいます。長時間やるよりも、就寝前など効果が大きくなる時間帯に、毎日行うことのほうが大切です。また、一日に何回か分けて行うのも有効でしょう。

育毛剤を使う際の注意点

薄毛対策として、多くの人が検討するアイテムが育毛剤です。確かに育毛剤は短期間で薄毛が解消されることもある商品です。しかし、人によっては効用が発揮されないケースもあります。育毛剤を検討している高校生は、注意点を踏まえてから薄毛対策に取り入れましょう。

まず、商品の選定を誤らないことです。インターネットでは美辞麗句に固められた宣伝文句が並び、さまざまな育毛剤がプッシュされています。しかし、その全てを鵜呑みにするのは危険です。薄毛に悩む人が多いのをいいことに、不良品を売りつけようとしている悪徳業者も存在しているからです。

  • メーカーが信用できるか
  • 品評会で賞を獲得しているか

などの目立った実績があるか、そして成分は理論的に説明されているかなどのポイントから、効用をチェックするようにしましょう。また、育毛剤にはアレルギーを呼び起こすなどの副作用がある商品もあります。自身の体質と照らし合わせて、安全なものを選ぶことが重要です。

育毛剤の中にはセット買いをすすめてくるものもあります。しかし、高校生の経済状況では購入が厳しい場合もあるでしょう。真剣に購入を考えているなら、保護者に相談してみるのがおすすめです。

自己判断で商品を選ぶ前に、専門クリニックを受診するのも無難な方法です。クリニックでは髪質から頭皮環境まで細かく分析してくれて、必要な治療法を教えてくれます。クリニックのアドバイスを聞いたうえで育毛剤を選べば、間違った商品にお金と時間をかけるリスクは減ります。

高校生のハゲは治りやすい!

薄毛になること自体は決して悪いことではありませんが、残念なことに世間から嘲笑されたり、仲間内からからかわれたりする可能性が存在します。テレビ番組でハゲを売りにしているタレントが出ているだけでも、胸が苦しくなるほどにストレスが蓄積されていく人もいます。

特に、多感な高校生であれば大人以上にコンプレックスを感じ、登校することさえ苦痛になってしまうケースもあります。

高校生でハゲ始めている人は少なくないですが、それでも、まだ頭髪の悩みを抱えていない同年代の方が多いのは確かです。頭髪が普通に生えている同年代を見るだけでも、コンプレックスを刺激され、辛い思いをしてしまうでしょう。
しかし、前向きに考えたいのは、高校生のハゲは大人よりも治る確率が高いということです。

大人と違い、高校生のハゲは老化現象と関係ないといえるので、頭皮そのものが回復不能なほどに廃れているパターンは稀です。適切な対策を取れば、頭皮を改善できる余地は十分にあるでしょう。

高校生のハゲは改善できる?原因と対策方法!のまとめ

そもそも高校生は成長期の真っ只中であり、新陳代謝が優れています。大人には効かない対策にも、大きな反応を示すことがあるでしょう。心身が成長していく過程で一時的にホルモンバランスが崩れているパターンもあるため、一度持ち直せば、何事もなかったかのようにハゲを克服できることもあります。大切なのは薄毛が発覚したときにも落ち込まず、できる限りの方法を試してみることでしょう。そして、生活習慣を見返し、ハゲの原因を根絶する意識が肝心です。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

高校生がハゲる原因とは?育毛剤の使用は大丈夫?

高校生で「抜け毛が多い」「つむじや生え際が薄くなってきた」と悩んでいる人はいませんか?髪の毛が薄くな

記事を読む




薄毛の対策に!シャンプーの基本とは?

薄毛に悩む男性は案外多いことでしょう。シャンプーの選び方と洗髪方法を改

抜け毛の予防に!女性におすすめの対策7選!

抜け毛で悩むのは男性だけというイメージがあるかもしれませんが、実は、女

薄毛の対策に効果的?知っておきたいサプリメントの全知識!

薄毛に悩んでいる人は、サプリメントによる対策をしてみることをおすすめし

抜け毛の予防はシャンプーで!男性におすすめなシャンプーの選び方とは?

抜け毛や薄毛など、見た目を気にするのは女性だけではありません。男性の中

薄毛対策に!毎日摂りたい食べ物とは?

薄毛対策というと、シャンプーや育毛剤など頭皮への直接ケアに目が行ってし

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑