*

歯が黄ばむ原因はコーヒーやタバコ?【食べ物にも注意】

公開日: : 最終更新日:2017/01/25 黄ばむ , , , , , , ,

頭皮のニオイにお悩みのあなた!
頭皮のニオイからやっと解放されて急に近寄られても、もう大丈夫! クリアハーブミスト

歯が黄ばむ原因は食べ物や飲み物、そしてタバコなどとたくさんあります。コーヒーなどを飲む人は歯が黄ばみやすくなりますので、飲み終わった後にうがいなどで予防するなどしていくことで黄ばみ対策になります。

Fotolia_59208624_XS-min

歯が黄ばむ原因は生活習慣によって大きくかわります。キレイな白い歯を保つためには食後などのケアがとても大切です。特にコーヒーやタバコなどは歯が黄ばむ原因となりますので、予防していきましょう。

スポンサーリンク

歯が黄ばむ原因は?

歯が黄ばむ原因は、今までに食べたものや生活習慣によるものが原因です。

口を塞ぐ女性

歯が生え始めた赤ちゃんは、真っ白な歯をしていますよね?それが大人になると、歯が段々と歯が黄ばんでいきます。

歯が黄ばむ原因を一言でいうと、加齢と食べ物の着色です。

歳を重ねると、歯の表面のエナメル質が剥がれていきます。そして、その下にある象牙質という層が見えてきます。

ha

象牙って、真っ白じゃなくて少し黄ばんでいますよね?人間の歯の象牙質も黄ばんでいます。これが見えてしまい、歯が黄ばんで見えるようになります。

また、食べ物の着色はほとんどの食べ物が当てはまります。

コーヒー、赤ワイン、醤油、紅茶、カレー、コーラ…などです。これからの食べ物も歯が黄ばむ原因となります。

coffee02

そして、タバコを吸う人も歯が黄ばみやすいです。

歯が黄ばんでしまう原因は、私たちの生活に関係しています。少しぐらい黄ばんでしまうのはしょうがないけど、できれば予防したいものですね。

参考⇒歯を白くする7つの方法【歯磨き粉やマニキュアの効果とは?】

歯が黄ばむ食べ物は?

歯が黄ばむ食べ物は、私たちにとって身近な食べ物が多いです。

そのため、歯が黄ばむ食べ物を食べないというわけにはいきません。歯が黄ばむ食べ物はまず、ポリフェノールなどを多く含む食べ物です。ワインやチョコレート、ココア、ぶどう、ブルーベリーなどにポリフェノールが含まれています。

Fotolia_1210578_XS-min

また、色が濃い食べ物も歯が黄ばむ食べ物と言えます。それは、ビーフシチューやソース、カレー、ケチャップなどです。

ケチャップを食事で使わないという生活は、ケチャップが嫌いかケチャップアレルギーじゃないと難しいです。

また、カレーやビーフシチューなどは日本で食べる料理の定番です。

curry-min

そのため、一生食べないという事は難しいと思います。だからといって歯が黄ばむのはしょうがないとは言えません。こういった物を食べた後は、歯をすぐ磨くようにすれば黄ばむ予防にはなります。

歯をすぐ磨けば虫歯予防にもなるので、一石二鳥です。食事をしたら歯を磨くようにしましょう。

hamigaki

白い歯に導く沖縄で生まれた薬用ちゅらトゥースホワイト

コーヒーも気をつける

歯が黄ばむ人は、コーヒーをよく飲むという人が少なくありません。

coffee03

コーヒーは茶色いのが自然な色ですが、この茶色という色が歯を黄色くさせています。そのため、コーヒーで歯が黄ばむのです。

コーヒーで歯が黄ばむなんて、コーヒー好きの人にはなんとも悲しい話です。コーヒーを飲むのは辞めるしか歯が黄ばむのをストップさせる方法がないの?という人のために、コーヒーを飲んだらやることがあります。

それは、コーヒーを飲んだら早めに茶色い色を歯から取り除く事です。

それは、コーヒーを飲んだら歯を磨いたり水を飲んだりすれば茶色い色が多少は取り除けるからです。茶色い色を洗い流すには、水を飲むよりも歯磨きが効果はあります。または、うがいをするのもオッケーです。

mizunomu

歯を磨く時は、歯を優しく磨きます。そうしないと、歯を白く保っているエナメル質が剥がれてしまいます。そして、エナメル質の下にある象牙質がむき出しになって歯が黄ばんで見えます。茶色い色を落とそうとムキにならないようにしましょう。

スポンサーリンク

タバコも黄ばみます

タバコで歯が黄ばむのは有名な話です。

tabako06

ヘビースモーカーには、歯が黄色い人が多いです。笑った時に歯が黄ばんでいると、せっかく格好いい人でも気持ち悪くなります。また、それが恋人だとキスをするのも嫌になります。女性でも歯が黄ばんでいる人がいますが、どんなに着飾っても歯は隠せません。

なぜタバコで歯が黄ばむのかというと、タバコに含まれるニコチンが原因です。ニコチンはコーヒーなどの食べ物や飲み物に含まれる色素よりも強く、歯に染み付くようについてしまいます。そのため、取り除きにくいのが特徴です。

ホワイトニングをしたとしても、漂白する薬品を強くしなきゃいけない場合もあります。

タバコは体に悪いと言いますが、歯にも悪いのです。

芸能人でヘビースモーカーの人はたくさんいると思いますが、その人たちはそれなりにお金をかけて歯を白くしてるんです。なので、ヘビースモーカーならばホワイトニングなどの歯を白くするときは、かなり根気とお金が必要だと思った方がいいです。

生まれつきってことはある?

生まれつき歯が黄ばむ人は、あまりいません。

asian baby and mother relaxing

なぜなら、赤ちゃんの頃は歯のエナメル質がきちんとあるからです。また、赤ちゃんは産まれた時に母乳やミルクしか飲みません。

そのため、歯が黄色くなってしまう原因がないのです。

歯が黄ばんでしまうのは、成長していく中で食べたり飲んだりしたものがどんどん色素沈着していくのです。または、タバコを吸ってヤニが歯に溜まってしまった場合に黄色くなります。しかし、生まれつきに歯が黄ばんでいる人も中にはいます。これは親からの遺伝です。赤ちゃんにはまったく落ち度がないんです。

または、小さい時に服用していた薬も歯が黄色くなる場合があります。

遺伝にしても、薬の副作用で歯が黄ばんでしまったにしても、歯のホワイトニングなどの方法で歯を白くする事は可能かもしれません。クリニックで相談してみるといいです。

生まれつき歯が黄ばむ人でも、歯を白くできればコンプレックスを無くせます。そのため、恥ずかしがらないで相談してみましょう。

歯が黄ばみの予防法は?

歯が黄ばむ予防法は、歯のクリーニングをする事です。

これは自宅でやるのではなく、クリーニングができるクリニックで行います。口の中を高圧の水やパウダーなどで、歯磨きではとれない口の中の汚れや色素沈着してしまったものを取り除きます。

haisya-min

これをやれば歯はきれいになり、清潔な状態になります。

歯が黄ばむ予防法で有名なのは歯のホワイトニングです。

これは、本来の歯よりも白くしたい人がやる方法です。歯を漂白する事で、歯を数段きれいに見せます。こちらはクリニックでやる方法と、家でやる方法があります。ホワイトニングは永久性がないため、定期的にやるようにすると歯を白く美しく保つ事ができます。

白い歯の女性

ホワイトニングよりも効果が長続きするのがラミネートベニア治療というものです。

歯をごくわずかに削り、歯をラミネートします。すると、歯は白さが長続きします。さらにホワイトニングよりも歯を白くする事もできるのです。

歯が黄ばむ予防法は、色んな形があるんです。

これを使ってみては?

歯の黄ばみをきれいする、厚生労働省が認定した医薬部外品の薬用ちゅらトゥースホワイトニンす。

歯の黄ばみだけでなく、口臭予防にも効果があるこの商品は、むし歯率全国ワースト一位の沖縄から生まれた商品で、コーヒー、紅茶、緑茶、タバコなどの嗜好品を好む人に好まれる商品です。

薬用ちゅらトゥースホワイト

 

注目はコチラ!

美容歯科の自宅で始める本格ホームホワイトニング!

歯が黄ばむ原因はコーヒーやタバコ?【食べ物にも注意】のまとめ

真っ白のキレイな歯を保つためには、小さな頃からの予防が必要です。食べ物や飲み物を食べた後にすぐにうがいするだけでも黄ばみの対策になります。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした



抜け毛が増える原因と時期は?【対策は男女で異なる!】

抜け毛が増えるには原因がありますが、加齢や生活習慣など身近なものと、季

28歳で後頭部が薄くなってきた!【生活習慣とスカルプDで対策】

28歳で後頭部が薄くなってきた男性の薄毛からの復活方法ですが、具体的な

喉が乾燥で痛い!【効果的に対策するにはマスク?】

喉が乾燥して痛くなる前に対策できる効果的な方法にはどのようなものがある

かっぱ頭になる前に対策を!【原因の多くはAGA?】

かっぱ頭の原因の多くは男性型脱毛症のAGAですが、自分で対策して改善で

風邪予防にはヨーグルト?【ビタミンが豊富な食事も!】

風邪予防を効果的にするには、食事や睡眠などに気を付ける事が重要ですが、

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑