*

残暑バテの時期と今日できる3つの予防と対策法とは?

公開日: : 残暑バテ , , , , ,

わきが、皮膚汗臭(足のニオイなど)、制汗ならクリアネオ


クリアネオ
Pocket

夏が過ぎると残暑がやってきますが、その残暑の暑さでもバテてしまう残暑バテというのもあります。夏に弱りきった内臓や温度調整の神経が疲れてしまい体がだるくなります。そんなことのないように残暑バテは今から予防していきましょう。

疲れた女性

残暑バテという言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、夏が終わる8~9月、場合には10月ころに起きる体の不調です。夏を過ぎても夏バテのような症状が続くときには対策をしていくべきです。

スポンサーリンク

残暑バテの時期は?

暑い日が続き夏バテにかからない人もいますが、実はその後の残暑バテというものにも十分注意が必要となってきます。残暑バテの時期は、一般的に昼夜の温度差が激しい8月下旬から9月中旬となっています。

昼夜で10度から15度と一気に気温が下がると体調を崩しやすくなります。

また、夏の暑さが体に溜まりだるくなり始めるのも8月下旬からです。生活のペースに体がついていけず、極端に疲れやすくなります。

夏本番の7月や8月中旬までは、イベントや夏休みなどで過ごしていますが、8月下旬からは学校や仕事などで急激に体を動かすため残暑バテになりやすくなります。

夏は、寝苦しさからくる睡眠不足や屋内外の気温差による自律神経の乱れ、生活リズムの乱れ・食欲不振から引き起こされる栄養不足などが重なってしまい疲れが溜まりやすくなっています。それに加えて、最近では残暑が10月まで長引いたりすることもあるので疲れやだるさなどの不調からなかなか抜け出せなく、残暑バテが悪化する場合も増えてきました。

なので、9月中旬まではもちろん残暑バテに要注意ですが残暑がひどいと感じたら10月までは残暑バテにかかる可能性がある時期ということなので注意が必要です。

スポンサーリンク

原因は何?どんな人がなりやすい?

残暑バテは内蔵機能の低下が一番の原因とされています。

内蔵機能の低下に繋がるのは、暑さで薄着でいる人やシャワーだけの人、冷たいものを大量に摂取する人エアコンなどの冷房をよく使用する人です。

これらが当てはまる人ほど残暑バテになりやすいです。

暑さで温かいものを摂取する機会が少なくなり、冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂取する機会が多くなります。すると内蔵の血の巡りが悪くなり、内蔵機能の低下を促してしまいます。

か

また、冷房で一気に温度を下げその状態が長く続くことで体が冷えてしまいます。屋内外の気温差が大きくなり、体に負担がかかります。

他には、暑さによる疲労やストレスを感じやすい人なども残暑バテになりやすいです。

内蔵機能の低下に加え、自律神経の乱れも残暑バテになりやすい条件になっています。基本的に体を冷やしすぎている人や、睡眠不足や食欲不振など生活リズムが乱れている人は注意が必要です。

夏バテ対策として積極的な水分補給や冷房などを使用するのには、適度な量と時間を知ることが必要となります。

そして手軽さからシャワーだけというのも体を冷やす原因になります。残暑バテの原因になるうえ冷え性の悪化にも繋がるので注意です。

今日からできる残暑バテの対策方法とは?

残暑バテの対策方法としては、普段の生活が非常に重要となります。

たっぷりの睡眠

まず睡眠はきちんととるようにします。いつもの就寝時間よりも早めに寝たり、普段昼寝をしない人などは昼寝を効果的に生活の中に取り入れます。

本当に疲れている時すぐ寝てしまいますが、あれは体がきちんと寝た訳ではないので勘違いしないように注意です。きちんとした睡眠をすることで、体の自然治癒力を高めることが出来ます。

栄養をしっかり摂取

次に栄養をしっかりとることです。効果的なのはビタミンB1を多く含む物です。

例えば、豚肉やウナギ・ニンニクや枝豆・蕎麦や玄米などです。ビタミンB1は、糖質を分解してくれる酵素を助けてエネルギーへと変える働きをします。

なのでビタミンB1が体内から不足してしまうと、エネルギーが減るため疲れやすくイライラの原因になったり、体がむくんでしまうので注意が必要です。

適度な運動

最後は運動をすることです。

しっかりと睡眠をとって体内に栄養を蓄えたら適度な運動を加えます。すると生活リズムが整い、健康的な体になります。運動をする際は、体にあまり負担をかけないず軽いジョギングやウォーキング程度で十分です。残暑バテ対策には、睡眠・栄養・運動が一番効果的となっています。

残暑バテは予防が大事

残暑バテの予防法は、夏本番の過ごし方にポイントがあります。

まず冷房の使い方に注意します。熱中症を防ぐために冷房などは積極的に使用してもいいのですが、屋内外の温度差を小さくすることです。

急激に温度を下げるのではなく、外との気温に近い温度設定にします。

扇風機なども長時間直接当たると体が冷えてしまうので、注意が必要です。

次に冷たい食べ物や飲み物の摂取の仕方です。水分補給で冷たい飲み物を飲む人が多いですが、体が冷え内蔵機能が低下するので出来るだけ常温の飲み物を摂取するようにします。

食べ物などもアイスなどは、大量に摂取するのを控え温かい食べ物を多く摂取するほうがいいです。

また入浴する際も手軽だからといってシャワーだけにするのは控えた方がいいです。ぬるいお湯でもいいので浴槽に浸かった方が、体が温まるので予防法としていいです。

beautiful asian woman relaxing in the bath room

予防法の一番のポイントとなるのは、とにかく夏本番の時期に体を冷やさないように気を付けて生活することです。

就寝するときなども薄着は控えて、温かい服装で就寝するようにします。また薄い毛布なども活用するといいです。冷房の使い方と食べ物や飲み物に気をつけることで、残暑バテの予防になります。

残暑バテの時期と今日できる3つの予防と対策法とは?のまとめ

夏バテの反動は残暑にやってきます。疲れ切った内蔵や神経を十分に癒してあげて予防をしてください。

スポンサーリンク

関連記事



あなたにおススメ記事!

記事はありませんでした




薄毛の対策に!シャンプーの基本とは?

薄毛に悩む男性は案外多いことでしょう。シャンプーの選び方と洗髪方法を改

抜け毛の予防に!女性におすすめの対策7選!

抜け毛で悩むのは男性だけというイメージがあるかもしれませんが、実は、女

薄毛の対策に効果的?知っておきたいサプリメントの全知識!

薄毛に悩んでいる人は、サプリメントによる対策をしてみることをおすすめし

抜け毛の予防はシャンプーで!男性におすすめなシャンプーの選び方とは?

抜け毛や薄毛など、見た目を気にするのは女性だけではありません。男性の中

薄毛対策に!毎日摂りたい食べ物とは?

薄毛対策というと、シャンプーや育毛剤など頭皮への直接ケアに目が行ってし

→もっと見る

  • RINX

    薬用アットベリー
  • 汗をハンカチで拭く女性
    » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • » 続きを読む
  • 当サイト「トラブル対処法 コナトキ」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

    なぜこのサイトを作ろうと思ったかと言いますと、私自身すぐに何でも調べたがる人間だからです。正直言って、毎日何回も色んなことを調べています。

    そんなこんなでいっそうのこと、調べたことを記録して、同じトラブルや悩みを抱えている方に、分かりやすい文章にしてお伝えした方が良いのでは?

    な~んて思った次第でございます。
    もし良かったらごゆっくりご覧ください。

PAGE TOP ↑