スポンサーリンク

スポンサードリンク

抜け毛の予防に!シャンプーは市販品でも大丈夫?

シャンプー

抜け毛に悩んでいる男性は少なくありませんが、実際に対策を取っている人は意外と少ないといいます。特に使用するシャンプーの種類は、頭皮や髪の毛の健康状態に大きな影響を与えることもあります。そのため、シャンプー選びにはできるだけこだわりをもって臨みたいところです。

抜け毛予防に市販品のシャンプーは大丈夫?

シャンプー頭皮の汚れを除去し、髪の毛を清潔な状態に保つために行う習慣です。しかし、使用するシャンプーによっては、むしろ髪の毛の状態を劣化させてしまうことがあるため、シャンプーを選ぶ際は特に使われている成分には注意を払って選びたいところです。

とりわけ市販のシャンプーの中には強い洗浄成分が使われているものが多くあります。そもそもシャンプーの目的は頭皮の脂汚れを除去することにありますが、強い洗浄成分が含まれているシャンプーの場合、頭皮にとって必要な脂までをも洗い落としてしまうことがあり、その結果頭皮の乾燥を招いて抜け毛の進行を早めてしまうことがあるのです。

いわゆる石油系の洗浄成分が含まれているシャンプーは、その強い洗浄力によって頭皮の脂汚れを効率的に除去できる一方で、地肌が弱い人などにとっては刺激が強すぎることがあり、かえって頭皮の環境を悪くしてしまうことも考えられます。

市販のシャンプーを使う際は、そのシャンプーにどのような成分が含まれているのか、しっかりチェックしてから選ぶというのが基本です。

もちろん、美容院で使われるようなシャンプーを使うのが一番かもしれませんが、そうしたシャンプーは手に入れることも簡単ではなく、また値段も高価であるためなかなか日常使いすることが難しいという側面もあります。

安価で手に入れやすい市販のシャンプーは、確かに頭皮への刺激が強いものもありますが、中には頭皮に優しいタイプのシャンプーもあるので、手軽に抜け毛予防をしたいなら、まずは市販品の中にどのような種類があるのか知ることから始めてみましょう。

市販品のシャンプーいろいろ

ヘアーケアアイテムのイラスト

市販品シャンプーの種類はそれこそさまざまですが、その中でもっともよく知られているのは、おそらく石油系のシャンプーではないでしょうか。店頭などでよく見るシャンプーは、実は使われている成分そのものはほとんど変わりません。シャンプーの主成分は界面活性剤ですが、この界面活性剤こそがシャンプーの洗浄力の決め手となります。

市販シャンプーの成分表示をよく見ると、「ラウリス」とか「ラウレス硫酸Na」など、同じような成分が使われていることがわかるはずです。店頭に並んでいる多くの市販シャンプーは、安価で加工しやすい石油系の界面活性剤を使用していることが多く、こうした石油系の成分が使われているシャンプーは効率的に頭皮の皮脂汚れを除去できるという点に最大の特徴があるといえます。

一方、市販シャンプーの中には石油系の界面活性剤を使用していないタイプも少なくありません。石油系と同じように高い洗浄力を持つ石鹸シャンプーは、天然素材で作られているため安全に頭皮を洗浄できるシャンプーです。ただ、洗浄力そのものは石油系と同じく強いため、地肌が弱いという人は使う際に注意が必要です。

また、ノンシリコンシャンプーというのも市販シャンプーでよく目にするものでしょう。シリコンというのは、髪の毛に光沢を出すためのコーティング剤のようなものです。ただ、シリコンは人工的に作られる化学物質でもあるため、時に髪の毛にダメージを与えてしまうことがあります。

シリコンが使われていないノンシリコンシャンプーは、髪の毛にかかる負担を軽減しつつ頭皮を清潔に保つことができるシャンプーです。

抜け毛予防を考えて市販のシャンプーを使うなら、やはり髪の毛や頭皮に負担の少ないものを選びたいところでしょう。その中でも特におすすめなのがアミノ酸シャンプーです。アミノ酸シャンプーはあえて洗浄力を控えめにすることで地肌に優しく洗うことができるというシャンプーです。

市販品でおすすめのアミノ酸シャンプーは!

アミノ酸シャンプーは市販品の中でも、特に抜け毛に悩んでいる人におすすめのシャンプーです。アミノ酸シャンプーの最大の特徴としては、髪の毛や地肌に優しく洗浄できるという点でしょう。

そもそもアミノ酸というのは、人間の身体を構成するたんぱく質の一種です。髪の毛や頭皮などもアミノ酸で主成分となって構成されています。髪の毛と同じ成分が使われているアミノ酸シャンプーは、髪の毛や地肌に強い刺激を与えずに頭皮を洗浄することができます。

そのため、他の市販シャンプーと比べて、頭皮や髪の毛に優しいシャンプーだといわれているのです。

髪の毛や頭皮にとって皮脂というのは毒にも薬にもなります。頭皮に皮脂がたまり過ぎている状態は、いわば土壌が水浸しになった植物のようなものです。土台が緩んでいるため、髪の毛も抜け落ちやすくなります。

一方、皮脂がまったく除去されてしまった頭皮は、土壌でいえば乾燥して干上がってしまっているような状態です。水分がないと植物が育たないように、髪の毛も乾燥すると上手く成長しません。

そのため、頭皮が乾燥すると結果として抜け毛になりやすくなるのです。アミノ酸シャンプーは他の市販シャンプーと違い、洗浄力がそこまで強くありません。ですから、頭皮の皮脂汚れを除去しすぎるということがなく、適度に皮脂を残したまま保湿することができるのです。

アミノ酸は地肌と同じ弱酸性でもあるため、髪の毛がパサつきにくいという点もアミノ酸シャンプーの特徴の一つです。ただ、アミノ酸シャンプーの中には、一般の石油系シャンプーにアミノ酸系界面活性剤を加えただけというような商品もあります。

こういう商品をアミノ酸配合シャンプーといいますが、カテゴリーとしてはアミノ酸系シャンプーとして分類されます。同じアミノ酸シャンプーでも、いわばこうした「まがいもの」のようなものもあるので、アミノ酸シャンプーを使う際は成分表示に注意して商品を選ぶようにすると良いでしょう。

頭皮に優しいシャンプーでも洗い方を間違えると…

市販シャンプーでも髪の毛に優しく洗浄することは可能です。しかし、いくら地肌や髪の毛に優しいシャンプーを使っていても、洗い方が間違っていればその効果を十分に発揮できなくなってしまうこともあります。抜け毛予防のためには、使用するシャンプーだけでなく、シャンプーの仕方にも注意を払うようにしましょう。

まず、シャンプーをするときは髪の毛をよく濡らすということが大切です。髪の毛が十分に濡れていない状態でシャンプーをつけてしまうと、シャンプーが泡立つ過程で摩擦が発生し、頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

これでは、せっかく頭皮に優しいシャンプーを使っているのに、その効果を十分に享受できなくなってしまうでしょう。頭を濡らすときは髪の毛だけでなく、頭皮までしっかりと水気が浸透するように心がけてみてください。

次に、シャンプーを手に取って、手のひらでこすってしっかりと泡立てます。手のひらで十分に泡立ったらいよいよ髪の毛を洗っていきます。このとき、爪を立ててゴシゴシと洗うのはできるだけ控えるようにしましょう。大事なのは頭皮に優しく洗浄するということです。

爪は立てずに指の腹で頭皮をマッサージするように洗うというのがポイントです。頭の隅々までしっかりと洗うことができたら、最後に泡が残らないようにきちんとすすぎ落としてください。

頭をゴシゴシ洗う男性のイラスト

いくら地肌に優しいとはいえ、シャンプーが頭皮に残存しているのはやはりよくありません。頭皮に優しいシャンプーは、正しく使うことで初めて効果を発揮してくれます。間違ったシャンプーの洗い方をしないよう、きちんと正しいシャンプーの仕方を確認しておきましょう。

シャンプーでできるのは育毛ではなく抜け毛予防

シャンプーは頭皮の状態を清潔に保つために行います。そのため、シャンプーをしているだけでは、髪の毛の発育を促進するということは基本的にはできません。

たとえば、育毛シャンプーなども最近ではよく見かけますが、育毛シャンプーで期待できることも基本的には頭皮の環境改善や抜け毛予防だけです。育毛シャンプーを使っているからといって、それだけでは髪の毛を再生できるわけではないので、くれぐれも勘違いしないように注意してください。

もちろん、育毛シャンプーには育毛に効果的だといわれる成分もたくさん含まれています。たとえば、アミノ酸や海藻エキスなどは、育毛シャンプーに含まれていることが多い成分です。それから、保湿成分も含まれているので、シャンプーによる頭皮の乾燥を防ぐことにも長けています。

ただ、育毛シャンプーは育毛剤ではないため、育毛そのものを実現できるわけではありません。育毛シャンプーで期待されるのは、あくまで頭皮の環境を育毛に適した状態に整えるということです。つまり育毛シャンプーは育毛剤と併用することを念頭に作られているシャンプーだということです。

一般の地肌に優しいというシャンプーも、できることは頭皮の環境を健康に保つという、いわばベース作りのようなものです。こうしたシャンプーを使っているからといって、髪の毛が生えてくるというような過度の期待はせず、まずはベース作りからと考えて地道に対策をしていくように心がけましょう。

市販品で抜け毛対策するならシャンプー&育毛剤

育毛剤を塗布する男性のイラスト

シャンプーだけで育毛や発毛をすることはできませんが、シャンプーと合わせて育毛剤や発毛剤を使用するというのは、その効果を実感しやすい使い方だといえます。シャンプーをしているだけでは、育毛シャンプーでも髪の毛は生えてきませんが、育毛剤などを使用するのであれば育毛シャンプーを使用する意義は決して小さくありません。

なぜなら、育毛シャンプーは育毛剤の効果を十分に発揮させるための補助の役割を果たしてくれるからです。育毛剤の効果を実感するためには、その成分がしっかりと頭皮に浸透しなくてはなりません。育毛剤には育毛を促進する成分や栄養素がたくさん含まれていますが、そうした栄養素は頭皮に吸収されて初めて意味を持ちます。

このとき、もし頭皮の環境が悪く、たとえば皮脂汚れがひどいような場合、皮脂が育毛剤の成分の浸透を阻害してしまい、頭皮が十分に育毛剤の栄養素を吸収できなくなってしまうこともあるかもしれません。一方、頭皮の状態を清潔に保っておけば、育毛剤の成分もしっかりと吸収しやすくなり、その育毛効果を高めることも十分に可能だといえます。

抜け毛予防だけでなく育毛も考えて対策を取るなら、育毛剤を中心にシャンプーを考えていくべきですが、その場合は育毛シャンプーだけでなく、地肌の環境を整えるタイプの市販シャンプーでも十分に効果を発揮してくれるはずです。

育毛シャンプーも育毛剤も高価で手が出しづらいため、シャンプーと育毛剤を併用するなら、財布とも相談しながら商品を選びたいところでしょう。アミノ酸系などの市販シャンプーなら、安価で育毛に適した頭皮の環境づくりをすることもできるのでおすすめです。

抜け毛の予防に!シャンプーは市販品でも大丈夫?のまとめ

市販のシャンプーでどの商品が自分に適しているかは、実際のところ使ってみないとわからないという側面があることは事実です。ただ、市販品は値段も安く、手に取りやすい商品が多いため、一度使ってみて効果を試してみるというのも一つの手です。抜け毛予防にはまず自分の頭皮の環境に合わせたシャンプーを使うということが大切ですから、まずはいろいろなシャンプーを試してみて相性を試してみてはいかがでしょうか。ただ、地肌が弱いとか、抜け毛が多いという人は、やはり低刺激で頭皮に優しいシャンプーを選ぶことをおすすめします。アミノ酸系やベタイン系などの界面活性剤が使われているシャンプーは、地肌に優しく頭皮を洗浄することができるのでぜひ参考にしてみてください。このように、自分の頭皮の環境を知って、どのような成分が自分に適しているのかを知ることは抜け毛対策に不可欠です。市販シャンプーで対策を取るなら、どのような成分が良くて、どのような成分が危険であるか良く把握しておくと良いでしょう。シャンプーを購入するときも成分表をチェックすることは抜け毛対策の鉄則です。とりわけ「ラウリル」とか「硫酸」といった成分が含まれているシャンプーは、高い確率で強い刺激性を持っているため、もし地肌に優しいシャンプーを探しているなら避けた方が賢明です。アミノ酸シャンプーなども、中にはアミノ酸配合というだけで、実態は石油系シャンプーと変わらないこともあるので、市販品を使って抜け毛予防をするならまずは成分表のチェックをして、どのような成分が使われているか確認してから購入するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました