経理に求められる資格について!メリットやおすすめの資格をご紹介

資格

会社経営において経理は、日常で動く会社のお金の流れを把握し、金銭を管理する重要な業務です。

資格を取得することで就職や転職の選択肢が広がり、現職で経理として働いている人は更なるスキルアップが目指せます。

今回の記事は経理においてスキルアップに必要な資格や未経験から経理を目指す人のためにあると便利な資格を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

経理の仕事について

経理とは企業や組織において金銭の動きを記録する仕事です。

具体的には伝票作成、管理、現金出納、売掛金や買掛金などの日々の資金の流れの管理だけではなく、会社の資産管理や決算書類も担当し、月ごとや年ごとに決算業務を担います。

会社にとって必要不可欠なポジションですが、単純な入力ミスがきっかけで大きな影響を与える責任のある仕事ともいえます。

大企業の経理職で働く場合、株式市場や第三者に公開するような資料作成や税務管理といった分野まで任せられる可能性もあります。外部の税理士とやり取りする場面もあり、ある程度の専門知識が必要となります。

また、さまざまな規模の会社に必ず経理はいるので、人材のニーズが高いのも特徴です。

経理の仕事に資格は必要?

経理の仕事は資格を取得していなくても実務経験を積んで、経理のプロとして活躍されている方もいらっしゃいます。

未経験から経理の仕事にチャレンジする場合は、基礎知識を身に付けるために資格を取ると経理業務に対する前向きな姿勢が評価される場合もあり、また自分のスキルの証明になるのでおすすめです。

経理に関する資格を持つことで得られるメリット

経理に関する資格を取得している場合は、専門性のある人材として企業にアピールでき、就職や転職のときに有利になるメリットがあります。

経験を問わず「有資格者応募可」、「有資格者歓迎」と記載された求人も多数あり、その資格を持っていない場合でも資格取得に向けて前向きな姿勢を会社が評価してくれるケースもあります。

また現在、経理業務に携わっている方は資格取得によって高い専門性がアピールできるため、より高度で難易度の高いポジションを狙って転職するチャンスができます。

スポンサーリンク

経理の資格の選び方について

経理の資格は難易度がそれほど高くなく取得しやすいものから高難易度の国家資格もあり種類もさまざまです。

未経験から経理を目指す場合や、経理業務として更なるキャリアアップを狙う場合でもどのような資格をまず勉強すればいいのか悩んでしまいますよね。

ぜひ資格の勉強に役立ててくださいね。

日商簿記検定

日商簿記検定は全国の商工会議所が主催する検定試験で経理関係の資格で有名な資格のひとつです。

3級から1級に分かれており、3級は基本的な商業簿記の知識や経理関連の書類の適切な処理能力が問われるので、中小企業の経理担当者や初心者におすすめです。

2級は簿記検定の中でも企業のニーズが高いといわれており、高度な商業簿記に加え工業簿記の知識も問わゆうれます。難易度が高いため、経理や会計への転職を目指す方におすすめです。

1級はさらに高度な商業簿記や工業簿記、原価計算や会計関連の法規について問われます。合格すると、税理士試験の受験資格も得られます。

参考書も豊富にありますが、スマートフォンでのアプリも多いので、すきま時間で勉強できます。

給与計算実務能力検定

給与計算について知識やスキルがあるのを証明する検定で1級と2級に分かれています。

2級は給与計算における実務上の基本となる労働コンプライアンスを理解し、基本的な給与計算ができるレベルとなります。

1級は複雑な制度やイレギュラーな給与体系にも対応可能で年末調整も含めたすべての給与計算業務に精通したレベルとなっています。

合格率は2級が約70~80%程度、1級が約50%程度といわれているため経理未経験者が初めて取得するのにおすすめの資格です。

ビジネス会計検定

ビジネス会計検定は大阪商工会議所が主催する検定のひとつで、財務諸表に関する知識や分析手法について問う試験です。

財務諸表は決算書の中で、金融商品取引法で上場企業に作成が義務付けられている書類のことです。

3級で財務諸表を理解する基本的な力を付けます。2級は財務諸表を分析し、企業戦略や事業戦略を理解します。1級は高い企業分析力が求められます。

ビジネス会計取得後に日商簿記検定の受験を視野に入れた学習スケジュールを立てやすくなりますよ。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSはMicrosoftOfficeの技術の習得を証明する検定です。

経理業務はパソコンを利用する機会が多く、基本的なスキルが求められます。Excelは特に使用頻度が高く、使えることを証明するために知名度の高いMOSを取得しておくと、書類選考や面接の段階で採用担当者にも伝わりやすいからです。

経理担当者として一定のPCスキルを証明したい場合は、書類作成でも使えるWordと使用頻度の高いExcelのスペシャリストの資格を目指すのがおすすめです。

まとめ

今回は、経理を目指す人とスキルアップしたい人に向けておすすめの資格を紹介しました。

経理を取り巻く状況は日々変化していくため、資格を取得しても常にアップデートをしていく気持ちが大事です。

タイトルとURLをコピーしました